2008年10月31日

新宿鮫

****************************************************************

ただ独りで音もなく犯罪者に食いつく―。「新宿鮫」と怖れられる
新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。
犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を
執拗に追う。待ち受ける巧妙な罠!絶体絶命の鮫島…。

****************************************************************

遅ればせながらやっと読んだ。
シリーズ化されてるし、人気があるんだろうなぁって事で。。

で、うーん。私の好みじゃないかも・・・って感じ。
「面白いっ!シリーズ全作読みたい」っていう
気持ちにならなかったんだよね。

なんでだろう??
読む側が男性と女性とでは、また違う感想なのかなぁって
思うんだけど、他の方の感想を読んでると
結構高い評価だから、自分の感覚がおかしいのか?
って思っちゃうんだけど。。
でも・・・・

伏線が何個かあるんだけど、
これが解決されてないのは
シリーズ化だから?
続編にその伏線が綺麗に
解消されてるんだろうか?
そこもちょっと納得いかないし
途中で出てくる、警察マニアの「エド」。
結局、何がしたかったのか?
彼の存在が中途半端に終ってるように思うんだよね。

鮫島のキャラ設定にしても中途パンパというか。。
枠にはまらない設定なら、もっと飛び出してても
いいと思うんだけど、結局、特徴としては
「一匹狼」ってのが最大の特徴で
それ以外は、そんなに驚く設定じゃないというか。。

正直、なんでシリーズ化や映画化される程
人気が出たのか分からない。。。

★★☆☆☆

posted by ゆき at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

流れ星の冬

**********************************************************************

最愛の妻はすでに亡くなり、たったひとりの子供も
独立をしている。大学教授・葉山英介は平穏な人生の冬を
送ることになるはずだった。しかし、彼は他人には
話すことのできない「過去」を背負っていた。
そして四十年の歳月を経て、にわかにその「過去」が
彼に清算を迫ってきたのだ。
「過去」に決着をつけるために、葉山は銃を手に取った。

**********************************************************************

65歳の大学教授が主人公のハードボイルド小説。
ハードボイルドなんだけど
他の作品に比べると激しさはソフトで
ドキドキする部分は少ない。
その分、淡々と読めるので読みやすい。

65歳が主人公と言われると
「んー。どうなの?」と思わないでもなかったが
この主人公は魅力たっぷりで良かった。

ラストがあっけなすぎて
拍子抜けしたのが残念。

★★☆☆☆




posted by ゆき at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

眠たい奴ら

**********************************************************************

組織に莫大な借金を負わせ
東京から地方の温泉街に逃げ込んだ経済ヤクザ高見。
一方、大阪から単独捜査のため
その街を訪れたはみ出し刑事・月岡。
街で二人を待っていたのは、地元の政治家や
観光業者をまきこんだ巨大新興宗教団体の跡目争いと
闇にうごめく寄生虫たち―。
惚れた女のために、そして巨大な悪に立ち向かうため
奇妙な友情で結ばれた一匹狼たちの闘いが始まる!

**********************************************************************

命がけのアクションがあったり友情があったりして
ハードもハード。ばったばったと登場人物が死んでいく。
やりすぎなような気もするが。。
ストーリーとしては入りやすく面白いと思う。

★★★☆☆


posted by ゆき at 17:33| Comment(4) | TrackBack(1) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

走らなあかん、夜明けまで

**********************************************************************

東京っ子の会社員が出張先の大阪で
間違って大事な鞄を盗まれる。
極道たちの手から取り戻すため
キタからミナミと初体験のナニワの街を
命がけの大爆走、大追跡。
ヤクザ同士のメンツをかけた争いに巻きこまれ
次々襲ってくる過酷な状況に涙をふり払って立ち向かう。

**********************************************************************

普通のサラリーマンが主人公というのが面白い。
読んでいると頼りがなくイライラする部分もあるけど
ラストにはしっかりと結果を残す。憎めない。
舞台が大阪というのも
ストーリーに入りやすいものがある。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

天使の牙

**********************************************************************

覚醒剤に替わり、日本全土を脅かす
新型麻薬アフター・バーナー。
その元締「クライン」を牛耳る
独裁者・君国辰郎の愛人神崎はつみが逃亡した。
はつみは組織内部のことを知りつくしていた。
そのはつみが警察に保護を求めてきたのだ。
連絡を受けた保安二課長・芦田は
「クライン」壊滅の切り札として
護衛・移送することを決める。
この極秘指令を受けた男まさりの女刑事明日香は
はつみとホテルで接触するが
ヘリからの銃撃を受け二人は瀕死の重体に。
だが、奇跡は起こったー!!

**********************************************************************

映画化されると知って読みたくなった1冊。
ストーリーは非現実的だが
ストーリーには入りやすく読みやすい。
盛りだくさんのアクションシーン
敵に追われるスリルなどなど
読んでいて面白いと思う。
主人公の心境の移り変わりなど、たくましさがある。
ラスト、読んで納得の展開だったので満足。

★★★★+☆

 
posted by ゆき at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

撃つ薔薇

**********************************************************************

AD2023年、東京は組織犯罪が凶悪を極めていた。
警視庁は潜入捜査専門の特殊班を新設
謎の麻薬組織への長期潜入を「涼子」に指令した。
巧妙に潜入した彼女を待つ、組織内での殺人
対立組織との抗争、狡猾な罠。
敵は、味方は、組織のボスの正体は?
そして絶望的状況の彼女を救う愛の行方は!?

**********************************************************************

一気読みした。それ程面白い。
主人公の涼子が繰り広げるアクションシーンも読み応えがあり
最後まで誰が味方で誰が敵か分からないのもドキドキさせる。
ラストは意外で、切なさが残った。

★★★★★



posted by ゆき at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。