2009年01月30日

ベガスの恋に勝つルール

****************************************************************

ウォール街で働くジョイはその完璧主義な性格が災いし
フィアンセにフラれるハメに。一方、同じニューヨークで父親が
経営する工場を解雇されたお気楽な男ジャック。そんな2人は
それぞれ親友を連れて気晴らしにラスベガスへ繰り出し、ホテルの
部屋のダブルブッキングがきっかけで出会う。すぐに意気投合した
2人はその夜、酒を飲んでバカ騒ぎした末、なんと勢いで結婚して
しまった! 翌日、事の次第に気付いた2人は一転して険悪モード。
だが婚姻の無効手続きをしようとした矢先、ジャックがジョイの
25セントを投入したスロットマシンで300万ドルもの大金を
当てるのだった・・・

****************************************************************

ラブコメの王道とも言える
ストーリー展開で
安心して楽しく観れる。
笑える部分も多々あり、面白かった。

ラストは想像出来るんだけど
ストーリ展開が良かったので
物足りなさを感じることはなく
見終った後は、満足感と
幸せさを感じる事が出来る。
下ネタで笑いを取ってる部分もあるけど
なぜか、爽やかさを感じてしまうから
これもキャメロン・ディアスの魅力かな?w

仲違いしてた2人が
言いたい事言って、やりたい事をやって
自分自身を偽らず、相手にさらけ出し
お互いがお互いのいい所も悪い所も
理解を深め合っていく姿は印象的だった。
やっぱり、恋愛の相手は遠慮せず
本当の自分自身を見せられる相手って事だよね。

エンドロールの後におまけの映像があるので
これも、必見♪

★★★★+☆

posted by ゆき at 14:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

****************************************************************

1957年、アメリカ国内の米軍基地を女KGBスパイ、スパルコ率いる
ソ連軍が襲撃。捕らえたインディに秘宝“クリスタル・スカル”の
捜索を強要するが…。

****************************************************************

このシリーズ、大好きだったんだよね。
あのテーマ曲を聞くだけで
ワクワク・ドキドキ・・・
そんな私だから、もちろん、今回の作品に
大しても期待が大きかった。

正直、星5つとはいかないけれど
満足の星4つかな。
アクションシーンは、やはり
このご時世、色々迫力のある映画が
有り過ぎて、今回のインディーシリーズは
物足りなさを感じたけれど
個性溢れるキャラ達の会話は面白かったし
ストーリー展開もスピードがあって
飽きる事なく観ることが出来た。

ハリソン・フォードが現実で加齢してるように
映画の中でも加齢した設定になってるのは
(そうしないと無理があるんだけど・・)
なんだか、うけてしまった。
ちゃんと考えてるのね。
まぁ、若い時ほど、アクションにキレが
ないのは仕方ないというものかw

次回作を期待させるような終わり方も
良かったかな。っていうか
あの終わり方で、これでシリーズ終わりってのは
やっぱりないでしょうね。。。w

★★★★+☆

posted by ゆき at 15:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

NEXT

****************************************************************

全米を驚かす爆弾テロ。
最大の危機に政府が頼ったのは<2分先>の
予知能力を持つ、しがないマジシャンだった。
果たして彼に世界は救えるのか?

****************************************************************

なかなか楽しめる映画になってると思う。
まぁ、見ながら何度「ずるいよね」と
つぶやいた事か。。w
2分先が見えるから、ある意味完全無欠w

この映画を見るまでは
「2分先だけ分かっても・・」と思ってたけど
意外や意外、結構使い道ってあるもんだw。

でも、この映画、途中で「????」
だって、2分間しか先が見えない
読めないはずだったのに
その最大の設定がどこかにいってしまうのだ。
「はい?どういう事?」って感じで
突っ込みまくりの映画になった。
いいのか?これで?w

それでも、ラストは予想外の終り方で
まぁ、いい意味で裏切られたかな。。
深く考えず気楽に見る分には
面白い映画かも。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ジャンパー

****************************************************************

ミシガン州に住むデビッドは同級生のミリーに想いを寄せる
ごく普通の高校生。しかし、川でおぼれそうになった時
彼は自分に備わった途方もない“才能”に気付くことになる。
冷たい川底から一瞬にして図書館へと“ジャンプ”していたのだ!
母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活に
うんざりしていたデビッドは、1人ニューヨークへと向かう。
15歳の彼が生きていくため次に瞬間移動したのは
銀行の金庫室だった。

****************************************************************

CMを観てて楽しみにしてたんだけど・・・
うーん。正直、これってどうなの?と。

ただの娯楽というかアクションシーンを
何も考えずに観るというだけならそれなりに
面白いかもしれないけれど
ストーリー重視ならちょっと酷いかも。

最初から結構、無理な展開と伏線。
ラストに綺麗に解決するかと思いきや
不完全燃焼のままだし・・
結局、主人公はなんなわけ?って感じだし
その恋人の心情の変化もいまひとつ分からない。
そんなに簡単に受け入れてしまうもん?
っていうか、本当にこの映画にラブシーンが必要かって話。
無理やり挿入したような・・・・

父親のラストにもなんか納得がいかない。
主人公を捕らえる為に、それをする意味ってある訳??

ジャンパーとパラディン。
最後まで意味不明・・・

ジャンパー。確かに、どこにでも瞬時に行ける
能力はいいなぁと思うけれど、現実的に考えると
旅行の楽しみはないよね。
「どこいこう、何しよう」
準備してる期間も楽しいひと時だと思うから。

★+☆☆☆☆

posted by ゆき at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ダイ・ハード4.0

****************************************************************

独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置された
サイバー犯罪部に異変が起こった。交通、通信、原子力
水道などのあらゆる全米のインフラを監視するシステムに
何者かがハッキングを仕掛けてきたのだ。
ジョン・マクレーン警部補はFBIから、ニュージャージー州内に住む
マットというハッカーの身柄を確保し、FBI本部に連れて行けという
無線連絡が入る。これが不運の始まりだった――。

****************************************************************

この映画、映画館で観たかったけれど
結局いけず、DVDで観る事に。。

ダイハードシリーズは大好きな作品で
今回も観る前から期待大っ!!

そして、期待通りの映画になってた。
まぁ、どこまでマクレーンはタフなんだっていう
突っ込みはおいといて。。w

最初から最後までハラハラ・ドキドキして観れたし
アクションシーンが良かった。
もう、最初から飛ばしっぱなし。
まさか戦闘機まで出てくるとは・・・
スケールが大きくなってるよ。w

何も考えず、楽な気分で楽しむ映画。
娯楽映画とはこういうものよね。

次のシリーズが出たらまた観るんだろうな。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ホリデイ

****************************************************************

ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは
恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に
勤めるアイリスは、元恋人に目の前で別の女性と婚約発表されて
失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの
「ホーム・エクスチェンジ」サイトで出会い、お互いの家を交換して
相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。
まったく違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人…。

****************************************************************

友達に借りて観たDVD。
ラブストーリーの王道といった感じ。

観た後ハッピーな気分になれるし
こういうことが実際行われてるなんて
羨ましいって思った。
何かあった時の気分転換にもいいし
そこで何が起こるかと想像すると楽しい。
1度「ホーム・エクスチェンジ」ってやってみたいかも。

キャメロンも素敵だったけど
私はケイトの方が良かったなぁ。
ああいう静かに盛り上がっていく恋も素敵。

この2人だけでなく、出てくる他の
お子様達やおじいちゃんのキャラも良かった。

何も考えず素直に楽しめる映画になっている。
女友達と観ると一層いいかも♪

★★★☆☆

posted by ゆき at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ボーン・アルティメイタム

***************************************************************

CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって
暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。
そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。
記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる
「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った
秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。
だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。

****************************************************************

うっうっ。良かった。劇場公開が
終了する前になんとか映画館で観れたぁ。
DVDで観る羽目になるんじゃ。。と危機感を
抱いてた私。なんとかセーフw。

最初からもう、フルパワー全開とでもいいますか
アクション、てんこもりっ!!
色々な国を飛び回り、目も話せぬ展開。
映画館で観る価値はあったかな。
マッド・デイモン、1作目より2作目、
2作目より3作目とハマリにハマッてるし。

ただ、ストーリ的には1作目の方が
謎があった分深かったと思う。
3作目はアクション中心といった感じだったし
ボーンの求めてた記憶が明かされた時には
ちょっと拍子抜けだった。
3作目まで引っ張って
「それかぁ〜」というのが正直な感想。
もう少し、ドロドロとした
政治的な物があっても良かったと思う。

★★★★☆

posted by ゆき at 20:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

エラゴン 遺志を継ぐ者

****************************************************************

運命は、一人の少年とドラゴンを選んだ…。遥か彼方の帝国
アラゲイジアは、かつてエルフ、ドワーフが人間と共存する
平和な土地だった。ところが今、邪悪なガルバトリックス王の
圧制の下、帝国は大きな混乱の中にあった。 17歳の少年
エラゴンは、ある日、森の中で光を放つ青い石を見つける。
その石こそは、世界の命運を握るドラゴンの卵だった!・・・

****************************************************************

原作を読んで辛口評価の私だったけど
映画もこの際だから。。と思い観る事に。

本の感想はこちら
  ↓   ↓
http://xxyukixx.seesaa.net/article/31969649.html

で、原作よりもしかすると酷い出来かも・・・
うーん。どういう事?
世界観、物語の背景、何もかもが説明不足で
原作を読んでない人には分かりづらい事間違いない。
原作を読んだからこそ分かるというもの。

「ロード・オブ・ザ・リング」
「ハリー・ポッター」
「ナルニア国物語」
などなどファンタジー物は今までにたくさん
上映されていて、結構みんな目が肥えてると思う。
その方達(私も含め)にはこの映画は
とてもじゃないけど。。って感じ。

3部作らしいけど、大丈夫なのか?と
心配しちゃうよ。

★★☆☆☆

posted by ゆき at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ゴーストライダー

****************************************************************

スタント・ライダーのジョニーは、悪魔メフィストに自らの
魂と引き換えに父の命を救う契約を結んでしまう。ところが
父はスタント中の事故で死亡。ジョニーの魂は悪魔の手に
渡ってしまう。一方、メフィストの息子のブラックハートが
地上に姿を現し、地獄を我が物にしようと動き出していた。
それに気付いたメフィストは、“ゴーストライダー”を
差し向け阻止しようと。そのゴーストライダーこそ
ジョニーだった・・・・

****************************************************************

えぇ、そうなん?新作で借りたのにっ!!
っていうのが正直な感想。

ニコラス・ケイジが出るような
映画じゃないって断言したらマズイだろうか??

あっという間に敵は倒れちゃうし
突っ込みどころ満載のストーリーだしw
どうなの?って言いたくなるよ。

間違いなくB級映画。
映画館で観たいと思ってたけど
都合で観れなくて正解だったかな。

★+☆☆☆☆




posted by ゆき at 13:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ファンタスティック・フォー 銀河の危機

****************************************************************

Dr.ドゥームの野望を打ち砕き、すっかり有名人となった
ファンタスティック・フォー。世界中で異常現象が起こる中
アメリカはそのメンバーの二人、リードとスーの結婚式の
話題で持ちきりだった。しかし挙式当日、NYで式を行う彼らの
上を謎の閃光が駆け抜けた。これにより上空を飛んでいた
ヘリが墜落。“ヒューマン・トーチ”ジョニーが閃光を追うと
そこには銀色の未知の生命体――
シルバーサーファーがいたのだった。

****************************************************************

前作はビデオで観たのだが今回は劇場で。。
前作よりは楽しめたかな。
4人それぞれの精神的葛藤や
人間関係などが前回よりも細かく表現されていて
良かったかな。ただ、贅沢を言えば、もっと深く
表現して欲しかったかも。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
posted by ゆき at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

幸せのちから

****************************************************************

妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンの
クリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を
送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され
預金も底をついてしまう。そんなクリスは最後に選んだ道は
自分の才能を信じて一流証券会社へ入社することだった…。

****************************************************************

大ヒット感動作という事だったんだけど・・・
大感動という訳はなく「それなり」というのが
正直な感想。

父が子の為、自分の為に幾多の試練や困難を
乗り越えて幸せを掴み取ろうと努力する姿が
淡々と描かれてる。
この姿は良かったんだけどね。
何かが足りない。
貧乏のシーンを沢山見せ付けられたような気がするからか?
それとも、なぜ彼が選ばれたのかが
いまひとつ分からなかったからか?
突っ込みどころがそれなりにあるんだよね。

息子にバスケコートで

「何かをやるのは無理だなんて誰にも言わせるな」
「欲しいものは自分で掴み取る」

というシーンにはちょっとグッときたのはホント。
全くもってこの通りなんだけど、でもこれがなかなか難しい。

★★+☆☆☆

posted by ゆき at 15:12| Comment(2) | TrackBack(2) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

007 カジノ・ロワイヤル

****************************************************************

暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格した
ボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの
資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を
突き止めるが…。

****************************************************************

俳優さんが変わっての新007シリーズ。
この俳優さんのボンド、前評判が悪かったから
どんなもんかなぁと思ったけど
なかなか良かったんじゃないかな。

今までのボンドは知的でスマートな印象だったけど
今回や野生的かつ挑戦的、そしてセクシーな印象。

今作品は“00”になったばかりの時の話なので
色々な失敗があったりと人間味があり
なかなか良かった。
でもそれに反して、今まであったような
迫力が少し減ってるように感じた。
そしてストーリーが少し飛びすぎて分かりづらかったし
ポーカー勝負の場面が延々と30分近くも続き
ルールを知らない私には???って感じで。。。

これを観たら、今現在のボンドがなぜあのような
優秀かつ冷酷無比で人を愛さなくなったのかが
理解できるようになっている。

★★+☆☆☆

posted by ゆき at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ダイヤモンド・イン・パラダイス

****************************************************************

この世に3つだけ存在する“ナポレオン・ダイヤモンド”。
2つを盗みとったマックスとローラ。2人を追うFBI捜査官のスタン。
新たにダイヤモンドを狙うギャング。パラダイス・アイランドで
繰り広げられる、今世紀最大の騙し合い。
果たして最後に笑うのは…。

****************************************************************

OO7シリーズのピアース・ブロスナンが主演の映画。
予備知識なしで観た映画。
なので、最初にピアース・ブロスナンが登場した時は
OO7シリーズなのかと勘違いした。w

この映画、最初から最後までハラハラドキドキしっぱなし。
そして、笑いがところどころにあるのも魅力的。
はっきり言って主演のピアースより
脇役のFBIの俳優さんの方が魅力的だったかも。

程よい感じでアクションとコミカルタッチなシーンや
シリアスなシーン、またキレ味良いの頭脳戦が混ざり合い
観ていてあきなかったし、同姓間の友情とか
追う側と追われる側なのに
仲良くなってしまったりとかの展開も良かったかな。

難しい事を考えずに楽しめる映画。
どんでん返しの大どんでん返しがあるので最後まで
目が離せない。(でも、ちょっと無理があったような・・・w)

★★★+☆☆

posted by ゆき at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

トランスフォーマー

****************************************************************

最初の<トランスフォーム>は人類の警戒心の裏をつく
地球侵入の為に行われた。未知の惑星からの侵略者は
あらゆるテクノロジー機器に姿を変え巧妙に人間社会に
入り込んだ。そして彼らはある目的が近づくとロボット状の
姿へトランスフォーム(変身)し、テクノロジーの産みの
親の人類に牙をむく。第二の<トランスフォーム>が
始まった時、不死身とも思える侵略者の攻撃に世界は
短時間で劣勢状態に陥った。やがて絶望感に包まれた
人類にとって残された僅かな希望はサムという名の
青年と彼が偶然手にした1台の車だった・・・。

****************************************************************

早速、映画館で観てきた。
話題の作品というだけあって、凄い人。

ストーリーはまぁ、はっきりいって
今までに何度も使われてきた設定と展開。
なので、これを期待してはいけない。

しかし、ストーリーはまぁこんなものとして
映像が凄かったっ!迫力ありまくりっ!

最初の侵略者が米軍基地を破壊するシーンを
見た途端、その後の映像に期待が高まった。
それだけ迫力あったね。
私にとって、あれで勝負あったかも。w
CGの凄さを改めて実感した映画でもあった。

まぁ、真面目な話、こういう知的能力を持つ
ロボットが侵略してきたらほんと、怖いだろうなぁ。

ラスト、エンドロールでインタビュー形式で出てる映像
あれって、もしかして、いやもしかしなくても
皮肉ってるんだよね。
あの国なら平気で隠しそうって思ったのは
きっと私だけじゃないよね。

娯楽映画として、楽しむ分には最高の映画。
映画館で観る事をお勧め♪

★★★★+☆

posted by ゆき at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

****************************************************************

ついに海賊の時代は、終わりを告げようとしていた。
世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿は
デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、彼と最強の
フライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と
葬っていく。いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。
9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ
一大決戦を挑むのみだった。だが、鍵を握る9人目の人物こそ
ジャック・スパロウ、その人だった……。

****************************************************************

3部作の完結編。
いやぁ、最初から飛ばしまくり。
でも、上映開始から40分程しないと
ジャック・スパロウは登場しないんだよね。
観る前にその事を聞いていたから
ジャックが出てくるまで、たるむかなぁと思っていたら
全然そんな事なかった。
ウィル・ターナーやエリザベスがいい味出してた。

完結編というだけあって、今までの伏線の
種明かしが「これでもか?」という位詰め込まれていた。
その結果、色々な人に焦点をあて過ぎて
中途半端に感じる部分も。
あまりにも詰め込まれ過ぎているし
複雑な部分もあるので理解するのに少し時間がかかる。
出来るなら、簡潔に分かりやすくもう少し深く
丁寧に表現して欲しかった。

完結編を観る方には、観る前に前2作の
復習観をお勧めする。

上映時間は約3時間近く。
人にもよると思うが、長いと感じる事はなかった。
だって、内容が濃密過ぎて。。
監督・出演者達が見所としてあげていた
ラストの海の大うずまきのシーン。
見所としてあげるだけあって、大迫力。
これだけでも映画館で観る価値あるかも。

笑いあり、シリアスな戦闘・壮大な海の
シーンありと見所は満載。

この映画を観る場合はエンドロールの後の
ワンシーンを観るまで席を立ってはいけない。

「10年に1度の1日を生きる」
この言葉、カッコ良すぎ♪

★★★★+☆


posted by ゆき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

世界で一番パパが好き!

****************************************************************

マンハッタンで音楽業界のやり手パブリシストとして働く
オリーは、最愛の恋 人と結婚し、幸福に満ちあふれていた。
ところが、妻は出産と同時にこの世を 去ってしまう。
悲しみに押しつぶされ、仕事で大失態を演じたオリーは
故郷 ニュージャージーへ戻り、父の家で暮らすことに。
7年後、娘ガーティは、周 囲の愛情に包まれて
愛らしい娘に育っていた・・・・・・

****************************************************************

父と娘の親子愛がテーマの
ハートウォーミングストーリー。

ベン・アフレックにつられて観た映画。
うーん。正直な感想は「普通」
可もなく不可もなくといったところ。
これといった山場もなかったし
ラストも、まぁ、こういう映画らしい
ラストで予想できまくりだったし。
結局、子供が1番大事って事だと思うんだけど。。

それにしても、出てた俳優陣は豪華だった。
マッド・デイモン、ウィル・スミス、リヴ・タイラーなどなど。
これだけ、豪華な顔ぶれを揃えながらのこの出来。
残念でならない。
1番残念だったのがウィル・スミスとの会話のシーン。
あそこでのあの会話。もう少し、やりようがあったのでは?

★★☆☆☆


posted by ゆき at 15:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

TAXi 2

****************************************************************

スピード狂のタクシー運転手ダニエルは、サミットで
フランスにやってきた日本の防衛庁長官の運転手に
抜擢される。ところが、厳重装備の護送車から
長官は謎のテロリスト集団に誘拐されてしまう。
マルセイユからパリへ、ダニエルのタクシーによる
史上最速前代未聞の救出作戦が展開する。

****************************************************************

ダニエルとエミリアンのコンビは今回も健在。
いや、前作よりパワーアップしてるというべきか。
ボケあり、ツッコミありと笑い満載。
前作を見た方に分かるようなお笑いのツボが
あるのも嬉しい。

そして、署長もいい味だしてるし
だって、日本の防衛庁長官を乗せるからって
車を発進させる合言葉が「ニンジャ」なんて
安直過ぎるって。。w
エミリアンの彼女、パンツ履いてないって
自覚しての格闘か?w

この映画、タクシーは空飛ぶし、ジャンプはするし
刑事を乗せて、将軍を乗せてスピード違反はするし
ありえないけど、なぜか笑って見ちゃうんだよねぇ。
そして、そして
前作以上にカーアクションのシーンも凄かった。
一体、何台のパトカーを廃棄処分にしたの?って感じで。
あれだけ思う存分やってもらえると見てて気持ちいい。

難しい事は何も考えず、気楽に楽しめる。

★★★★+☆

posted by ゆき at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

TAXi

****************************************************************

スピード狂のタクシードライバーのダニエルは
運転のできないマヌケ刑事エミリアンにスピード違反で捕まるが
違反を取り消してもらうかわりに、捜査に協力する約束をする。
そして彼らはドイツの強盗団「メルセデス」を追うことに。

****************************************************************

シリーズ化されてるので「面白いのかな?」と
気になりつつもずっと見る機会がなかった。
やっと、今回見れた。

いやぁ、しっかりツボにはまってた。
このダニエルとエミリアンのボケと突っ込みの
コンビがいいね。
知らず知らずのうちに笑ってる自分がいた。

ストーリー展開もテンポ良かったし
映画の長さもちょうどいい。
そしてなにより、カーアクションの
シーンが凄く、ドキドキしながら見ちゃったよ。
シリーズ化される理由が分かったような気がする。

こんなタクシーが本当にあるなら
是非、乗ってみたい♪

★★★★☆


posted by ゆき at 00:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

スパイダーマン3

****************************************************************

謎の黒い液状生命体がスパイダーマンにとり憑き
赤と青のコスチュームを黒に染めてしまう。
ブラック・スパイダーマンとなったピーターは
今まで以上のパワーをも手にするが、同時に彼の心まで
黒く染めていく。憎悪や高慢、怒りといった
黒い感情がわきあがり、自らを制御することができない。
さらに未来を誓い合った最愛の女性MJとの
心のすれちがいをも招いてしまう。
この黒い液状生命体の正体は?
そして身も心も黒くなったとき
スパイダーマンはどうなってしまうのか?

****************************************************************

迫力満点、CG凄すぎ。
これだけでも映画館で観る価値ありかも。。

肝心のストーリーは。。。と言えば。。
うーん。恋あり、友情ありと盛りだくさんで
詰め込みすぎの印象が。。
突っ込みどころは満載だし。
観終った後に、皆が皆
「執事、もっと早く話せよ」と思う事間違いなしだね。w

漫画が原作なんだから、何も考えず
素直に楽しんだ方が勝ちかも。

まぁ、「正義は勝つ」って事で
最後まで安心して観てられたかな。

でも、なぜか私、スパイダーマンが飛び回るシーンを見て
スーパーマンを思い出しちゃったんだよね。
特にスパイダーマンが星条旗バックに現われた時は特に。。
星条旗をバックに持ってくるところがアメリカだよね。w

★★★+☆☆
posted by ゆき at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

************************************************************

今回は、悪運の強いジャックにも命の危機が訪れる。
かつてブラックパール号を手に入れたとき
彼はデイヴィ・ジョーンズ船長に身を捧げる契約を
交わしていたのだ。ついに、その期限が訪れる。

************************************************************

パイレーツ・オブ・カリビアン、第2弾。
楽しみにしていたんだけど。。
うーん。いまひとつというのが正直なところ。

笑えるシーンもあったけど
前作ほど、ストーリーに惹き込まれなかった。
ジャックがなんかただの人に見えたんだけど
それが狙いなのかな??

まぁ、前作よりはジャック以外の登場人物が
活躍してたし、サブストーリーもあったし
そして、CGや特殊メイクは凄かったから
そういう面では楽しめたかも。。

でも、展開が遅いというか
わざと「次回に続く」って感じで作ったような気がする。
シリーズ化はいいけど、1話完結でお願いしたいなぁ。

★★★☆☆





posted by ゆき at 17:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

X-MEN:ファイナルディシジョン

************************************************************

超人パワーを持って生まれた「ミュータント」たちの
バトルを描く、シリーズ完結編。
今回は、ミュータントの能力を“治し”、一般の人類と
同じにする「キュア」という薬が開発される。
キュアを巡ってミュータント内部の対立はさらに激化。
人類も交えて三つ巴の戦いが繰り広げられていく。

************************************************************

前2作を観ていて続きが気になっていたので
もちろん、チェック。
でも、私にとって前作からあまりにも
時間が経っていたので前2作を見直してからに。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
posted by ゆき at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

スーパーマン リターンズ

************************************************************

5年ぶりに地球に戻ったスーパーマンが
記者クラーク・ケントとして元の職場で働き始めるが
愛する同僚のロイスは婚約中で、4歳の息子もいる。
ショックを受ける彼に追い打ちをかけるように
宿敵ルーサーによる人類破壊計画が着々と
進行するのであった…。

************************************************************

前作を見てから時間が経っている為
今までのストーリーを覚えているか心配だったけど
うん。分かるようになっていた。

昔みて、ドキドキ、ワクワクしたように
今回もあのテーマ曲が鳴るとドキドキ、ワクワク。
少しタイムスリップしたような気分。w
スーパーマンが空飛ぶシーンや
人々を助けるシーンはやっぱり何度見てもいい。
そういう意味では、スーパーマンの
「スーパー」振りが上手く表現されていたと思う。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
posted by ゆき at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ホワイト・プリンセス

**********************************************************************

合衆国大統領の娘、サマンサの望みは「普通」に扱われること。
ホワイトハウスから遠く離れた場所で大学生となったサマンサは
これで大統領の娘という束縛から逃れられると喜んだが
周りにはいつもシークレットサービス、同級生もやはり
普通には扱ってくれない。そんな中サマンサは寮長の
ジェームズに恋をする。

**********************************************************************

普通のありきたりのラブストーリー。
予想を裏切る展開も少しはあったものの
全体的にみると「なんだかなぁ」という感じ。

「普通」に扱われたいと願ってる割には
「エアフォースワン」を使ってみたりと矛盾する部分も。

「恋愛」+「家族」がテーマなんだろうけど
いまひとつ。ラストも次回作を期待させるような
終わり方だったし
ケイティ・ホームズも、そんなに可愛いと思わなかった。

「プリティプリンセス」の方が断然面白いと思う。

★★☆☆☆

タグ:映画 洋画
posted by ゆき at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

インサイド・マン

**********************************************************************

完全武装した銀行強盗に従業員と客を全員人質にとられた
マンハッタンの銀行。急報を受けて、この事件の担当に
なったのはNY市警のフレイジャー。なんとか人質を傷つけずに
犯人を捕らえようとするが、犯人は立てこもったまま
奇妙なクイズで警察を翻弄するばかり。そんな中、銀行の
取締役が事件を聞きつける。彼がまず連絡をしたのは
敏腕弁護士のマデリーン。
銀行には取締役の秘密が隠されていた!?

**********************************************************************

銀行強盗の話なのだが、ミステリーも入ってる。
最初から謎だらけ。。

ほとんど銀行の中と外の映像だけで話は進んでいくのだが
テンポがいいのと、ところどころに入ってる
事情聴取のシーンなどがそれを退屈させない物になっている。

この映画の最大の見所は人間模様と騙しあい。
それぞれの人物がスマートにしっかりと役割を果たしている。

デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェンの演技は
見てても惚れ惚れするもの。
しかし、なぜジョディー・フォスター?
その意味が分からず。
彼女の役柄なら彼女じゃなくても良かったのでは?と。

観る時は、途中気を抜くことなかれ。
ところどころに出てくる伏線が見事で
最後まで飽きる事なく観れる事は間違いない。
そして、ラスト思わずニヤリとすることになる。

★★★+☆☆


タグ:映画 洋画
posted by ゆき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

POSEIDON ポセイドン

**********************************************************************

原因不明の巨大波に襲われ
転覆した豪華客船「ポセイドン号」で、わずかに生き残った
人々のサバイバルを描く。

**********************************************************************

沈没する豪華客船から脱出するパニック映画。
豪華客船沈没って事で、どうしてもタイタニックと
比べてしまうというか。。

この映画、本当に脱出するだけ。
少しの人間ドラマはあるけれどたいしたことなく
ひたすら生存者は出口を探す。

うーん。時間的に1時間半と短いから
まだ、途中だるだるすることもなく観れたけど
この長さが限界かな。
それなりの迫力、そしてCGの凄さはあるものの
内容的にはきっとしばらく経ってしまったら
忘れていそうな感じ。

映画館で観るほどの価値はない。

ただ、この映画を観て決心した。
決して機会があっても豪華客船には乗らないでおこうと。

★★+☆☆☆

タグ:洋画 映画
posted by ゆき at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

亡国のイージス

**********************************************************************

最新鋭の防空システムを搭載したイージス護衛艦
「いそかぜ」に、沖縄米軍基地から盗まれた化学兵器
「GUSOH」が特殊工作員によって持ち込まれたのだ。
「いそかぜ」の先任伍長の仙石はその情報をつかみ
新入りの如月が工作員ではないかと、目星をつけるが
副長から離艦命令が。そのあと「いそかぜ」の
全ミサイルの標的が東京に設定された。
黒幕は対日工作員のヨンファ。彼の目的は?
そして東京はどうなる?

**********************************************************************

福井春敏原作。
本当は本を読んでから観たかったが仕方がない。

まずまずなんとか観れたかなぁと言う感じ。
原作を読んでないので比べようがないが
きっと原作ではもっと違うだろうなぁと思われる
シーンが多々あった。

ベテラン揃いの俳優人に対し、物語の展開が
なんとも。。。

如月のバックグラウンドも意味不明だったし
映画だけでは語りきれない物が多すぎるのだろう。
女性工作員とヨンファの間にも何かあるのだかなと
推測はするがさっぱり分からない。

原作を読まなければと改めて思った映画。

映画館で観なくて正解。

★★☆☆☆

posted by ゆき at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

フライトプラン

**********************************************************************

急死した夫の属体を飛行機で運ぶカイル。
しかし、一緒に乗ったはずの娘が、機内で行方不明に…。
乗務員や他の客たちは、娘がいなかったと証言。
乗客リストにも名前が残っておらず
娘の荷物も消えているという衝撃サスペンス。

**********************************************************************

ジョディ・フォスター、さすがっ!
子供を護る役をやらせたら彼女の右に出る者は
居ないのではないだろうか?
相変わらずの迫力を感じた。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
posted by ゆき at 12:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

SOW(ソウ)

**********************************************************************

老朽化したバスルームで対角線上に倒れていた
ふたりの男ゴードンとアダム。その間には自殺死体が。
足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは
テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話
2本のノコギリ。犯人から告げられたメッセージは
「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。
犯人はジグゾウ。警察に追われている連続殺人鬼。
彼がこれまで犯した犯罪とは…そしてふたりの運命は…。

**********************************************************************

めちゃくちゃイヤーな怖さがあった。
殆どが限られた空間での映像だったが
飽きる事なく、先が気になる展開になっていた。

極限まで追い詰められた人間の恐怖・狂気が
表現されていて凄かった。

追い込んで、追い込んで
最後に大どんでん返し。
自分が予想してた犯人とは全く違っていて
「やられたぁ〜」っといった感じ。

ラスト3分が見もの。
観る方は覚悟して観て下さい。

あまりにも衝撃的過ぎて。。

★★★★★





posted by ゆき at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

電車男

**********************************************************************

女性に全く縁がなかったおたく男=電車男(山田孝之)は
電車の中で酔っ払いに絡まれた女性(中谷美紀)を助け
それがキッカケで彼女に恋を。
それをインターネットの掲示板サイトに書き込んだところ
そのネットユーザー達から熱い応援を受けることに。
はたして電車男は恋を成就できるのか!?

**********************************************************************

見るつもりはなかったけれど思わず見てしまった。
それも最後まで。。

ドラマの方も見たけれど私的には映画の方が好き。
山田孝之演じる電車男、今どきいくらなんでも。。。
それはやり過ぎなんじゃって思う位ダサイ。
でも、でも、それを差し引いても
なぜか惹かれてしまうストーリー。

ラスト、電車男がエルメスに告白するシーンには思わず涙。
ドラマより電車男の内面的成長が上手く
表現されてたように感じる。

しかし、これは現実ではありえないだろうなと
冷静に見てた自分が居たのもホント。

★★★☆☆


posted by ゆき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

M:i:III

**********************************************************************

絶対不可能なミッションを遂行する
最高機密組織I.M.Fのリーダー
イーサン・ハントの新たなミッションは
自らの教え子の危機に立ち上がることだった。
このことが、フィアンセの命を危機にさらし
イーサン自身も絶体絶命のピンチに陥る。
彼はタイムリミットが迫る中、不可能な
ミッションを遂行できるか?

**********************************************************************

早速、映画館に観に行って来た。
上映30分前に着いたというのに
チケットを買うのに凄い行列。
そして、自分がチケットを買う頃には
1割程の席しか空いてなかった。

面白かった!!!!
全作が私にとって欲求不満気味だっただけに
今回は最初から最後まで
ハラハラ・ドキドキ・ヒヤヒヤの連続で
アクションシーンも満載!
ストーリーも二転三転とし
結末が予測出来なかった。
今まで不思議だったマスクの作り方や
声の模倣方法なども今回見られるし
組織の全体像も垣間見る事が出来る。
2時間半程の上映時間だが
その長さを感じさせない。
この映画は映画館で観るのがお勧め。

★★★★★

posted by ゆき at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラザーズ・グリム

**********************************************************************

童話の原作者として知られる
グリム兄弟を主人公にしたファンタジー。
19世紀初め、フランスが占領するドイツで
悪魔ばらいと称して詐欺をはたらく兄弟が
呪われた森に住む本物の魔女と闘うことになる。
「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」など
多くのグリム作品が物語のキーワードとして
使われているのがポイント。

**********************************************************************

ファンタジーとホラーが
ごちゃ混ぜになったような感じ。
色々伝えたい事があるようで
内容は盛りだくさんなのだが
結局何が1番伝えたかったのか不明。
グリム童話が何種類も絡んで
映画が出来てるので、それを探しながら
観るのも一つの楽しむ方法。

★★+☆☆☆


タグ:洋画 映画
posted by ゆき at 17:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

キング・コング

**********************************************************************

30年代。製作途中の映画を打ち切られそうになった
監督デナムは映画を完成させるため
今までにない冒険映画を撮るため
海図にも載ってない“髑髏島”を目指す。
だがそこは死に絶えたはずの恐竜や巨大昆虫
巨大なゴリラ(コング)が住んでいる島だった。
しかも女優のアンが原住民にさらわれ
コングの生け贄にされてしまうのだった……。

**********************************************************************

3時間もある大作。
しかーし、いまひとつというのが正直な感想。
最初にはジュラシック・パークか?と
思うシーンも。。
迫力あるシーンや目をそむけたくなるシーンなど
盛りだくさんで、映像としては楽しめると
思うが、長すぎる気がする。

★★+☆☆☆

タグ:映画 洋画
posted by ゆき at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

デンジャラス・ビューティー2

**********************************************************************

仕事一筋、色気ゼロのFBI捜査官グレイシー・ハートの
活躍を描いたコミカル・アクション映画の第2弾。
前作でミスコン爆破未遂事件を解決し
一躍全米中にその顔が知られるようになったグレイシーは
FBIの広告塔としてセレブの仲間入りを果たすようになった。
そんな折、ミス・アメリカの親友シェリルが何者かに誘拐された。
グレイシーはお付の捜査官サムと一緒に
事件解決に乗り出すが……。

**********************************************************************

デンジャラス・ビューティーの続編。1に比べると面白さに
欠ける気がするがそれなりに楽しめる。
今回は「友情」がテーマのようで
グレイシーとサムのやりとりは面白かったように思う。

★★+☆☆☆

posted by ゆき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ファンタスティック・フォー

**********************************************************************

5人は宇宙ステーションへと飛び立つが
宇宙放射線の荒れ狂う雲の中に
巻き込まれ、全員がその放射線を浴びてしまう! 
宇宙放射線によりDNAが
変化した5人は、自分の体に現れた特別な能力を意識する。

**********************************************************************

アメコミが原作と知らず観た映画。
お決まりのヒーロー映画だったけど嫌味がなく素直に面白かった。
友情有り、お涙もちょっとありでストーリー展開も気持ち良かったし
素直に続編が出たら観たいと思った映画だった。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

宇宙戦争

**********************************************************************

世界各地で異常気象が発生するなか
港湾労働者のレイが住むアメリカ東部の街でも
奇怪な雲が立ちこめ、稲光が落ちると
地底から巨大ロボットのような物体が現れる。
異星人の襲来だと知ったレイは
別れた妻から預かったふたりの子どもを守りながら、必死に逃走。
しかし、異星人のパワーは予想以上で、街はどんどん破壊されていく…。

**********************************************************************

トム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督の映画。

映像はさすがスピルバーグ監督と思う場面も多々あれど
それも最初のシーンの方だけで後はだんだんと
寂しくなっていくように思う。
ストーリー的にも、家族愛を中心にしたいのか
宇宙からの侵略を中心にしたいのか
どっちつかずで結局最後まで何が言いたいのか掴めなかった。
ラストもあっけない終わり方で不完全燃焼と言った感じ。
でも、レンタル屋さんではランキングの上位に入ってるんだよね。
賛否両論に分かれる映画なのかも。。。

★★☆☆☆

posted by ゆき at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

Mr&Mrs スミス

**********************************************************************

南米コロンビアの首都で劇的な出会いをした
ジョンとジェーンは結婚を。
だが実は双方とも本業はプロの暗殺者。
任務で同じターゲットを標的にした2人は
互いの素性を知って唖然。
だが正体がバレたからには48時間以内に
相手を始末するのがルール。
そこで2人は互いを仕留めようとして……。

**********************************************************************

ブラピとアンジェリーナが出会い結婚するきっかけになった映画。

アクションシーンが凄く全体的に観終わった後
スカッとする映画だと思う。
ケンカ(?)した後に
ボロボロの家で仲良く朝食を食べる場面はとても魅力的。
ストレス発散には良い映画かも。
でも、ラストは出来すぎって感じがしないでもなかった。

★★★★☆

posted by ゆき at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DANNY THE DOG

**********************************************************************

5歳の時に母親から引き離されバートに育てられたダニー。
彼はバートの金儲けの道具として、戦うことしか知らずに
生きてきた孤独な殺人マシーン。
首輪をつけられ、地下に閉じ込められて生きてきた。
彼の心を動かす唯一のものはピアノ。
ピアノによる旋律の記憶が頭から離れない。
ある時、盲目のピアニスト、サムと出会う。
音楽、そしてサムと彼の養女ヴィクトリアに触れ
ダニーは初めて、人を愛することを知る。
そして明かされるダニーの母親を巡る衝撃の過去。
こらえきれようのないダニーの悲しみと怒り。
過去を取り戻すため
愛する人を守るため、今、ダニーの最後の戦いが始まる!

**********************************************************************

ジェット・リー主演の映画。
アクション中心かと思いきや人としての成長が主題かも。。
今まだ観たジェット・リー主演の映画とは一味違う作品だと思う。

★★★☆☆

posted by ゆき at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。