2008年03月21日

秋の牢獄

****************************************************************

十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を
何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。
朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は
何のために十一月七日を繰り返しているのか。この繰り返しの日々に
終わりは訪れるのだろうか――。

****************************************************************

「まるで童話のようなモチーフと、透明感あふれる精緻な文体。
 心地良さに導かれて読み進んでいくと、思いもかけない物語の
 激流に巻き込まれ、気付いた時には一人取り残されている――。」

作品紹介に書かれてるような結果に。。
今作品もとても綺麗な文章と切なく寂しい雰囲気を
バンバン醸し出す作品になっている。

全部で3作品が入っているのだけど
どれもこれもが何かに捉われる話。
「時間」「家」「幻」といった具合に・・・。

同じ日を何度も何度も繰り返す。
前に進む事も後ろに戻ることも出来ず
時間にとらわれる。。。
なさそうでありそうだから読んでいて恐ろしい。。
自分が同じ立場になったなら・・
どうするんだろう??
空しいかな。それともここぞとばかりに
読書に励むか?w

でも人間って「明日」があるから
生きていけるんだと思うんだよね。
「今日」とは違う「明日」
「明日」とは違う「明後日」
「明後日」とは違う・・・・

今作品も前作同様面白く一気読みしてしまった。
ハズレがないだけに次回作が楽しみ。

★★★★+☆



【関連する記事】
posted by ゆき at 19:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 恒川光太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

秋の牢獄 恒川光太郎
Excerpt: 装画はミヤタジロウ。装丁は片岡忠彦。初出「野性時代」。短編集。 十一月七日を繰り返す女子大生。屋敷から出られない青年。幽閉され幻術...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-03-22 03:00

秋の牢獄 恒川光太郎
Excerpt: 秋の牢獄 ■やぎっちょ読書感想文 迷い込む異界と日常化 恒川さん「夜市」に続き2冊目。「夜市」収録の2編とこの「秋の牢獄」3編中2編が迷い込む異世界を舞台に進みます。 夜の市、古道、そ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2008-06-16 15:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。