2007年12月01日

100回泣くこと

****************************************************************

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を
受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。
ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より
大好きだったのだ。4年近く乗っていなかったバイク。彼女と
一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に
「結婚しよう」と告げた。ここが世界の頂点だと思っていた。
こんな生活がずっと続くんだと思っていた―。

****************************************************************

話題の本という事で読んでみたのだけど。。。
うーん。こういうテーマの本が多すぎる。
なので、もちろん泣ける訳もなく
「また、お決まりのパターンか。。」と。
先が読めてしまうし、どうしても
「泣かせたい」という作者の意志を感じてしまって。

ストーリーや文章などは綺麗で読みやすく
主人公の心理にも共感出来るものが多々
あったけれど、こういう本をすでに何冊も
読んでる私には目新しさがなく
「もういいよ〜」ってのが正直な感想。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


愛犬の死の話だけで終わり
彼女の死ではなく違うテーマに
移ってたら良かったのに。
彼女の死の話になった途端
読む気力が段々減っていく自分を自覚出来たよ。

導入部分は良かったのになぁ。。
前半と後半では違う話になってたような気もする。

こういう設定の物語、作者にとっては
1度は通る道なんでしょうかね。。うーん。

★★☆☆☆

この記事へのコメント
こんばんは。泣けない仲間がいて安心してます。ちょっと、これ見よがしですよね。
一度は通る道で済んでくれるといいのですが、どうもそっち方面に行くんじゃないかと嫌な予感がしています。新刊のタイトルを見てるとどうも…。
Posted by たまねぎ at 2007年12月03日 23:05
一時期こういう展開流行?ましたよね。
お決まりっていうか。私、この作家さん印象薄くて、2作ほど読んでたんですけど、「リレキショ」と「100回泣くこと」が同じ作家さんとは気付きませんでした。
Posted by じゃじゃまま at 2007年12月06日 21:44
たまねぎさん☆
そうなんですよ。泣けなかったんです。
たまねぎさんもなんですね。
これみよがしもこれみよがしですよね。

>新刊のタイトルを見てるとどうも…。

 そうなんですか?うーん。
 そういう方面ではない本で期待したいんですけどねぇ。。苦笑

じゃじゃままさん☆
流行りすぎですよね。
どこを向いてもお涙頂戴の本ばかりが
溢れてるように思います。
今、話題のケータイ小説もそういう臭いが
プンプンするのは私だけでしょうか?
なので、全く読む気がせず。。。

「リレキショ」は少し興味があるんですよね。
機会を見つけて読んでみようと思います。
Posted by ゆき at 2007年12月06日 23:22
泣けはしませんでした〜やっぱり作者の意図が見えたからか、たくさんある似たような話を読んでいたからかも知れません。
犬の話にはグッときたんですけどね。
Posted by エビノート at 2007年12月08日 21:16
エビノートさん☆
よかったぁ。ここにもお仲間が。。
泣けない私がおかしいのか?と思いつつも
でもなぁ〜なんて思ってたので。。苦笑
犬の話は本当にグッと来ましたよね。
そっちだけの話なら泣けたかも。。です。
Posted by ゆき at 2007年12月10日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

100回泣くこと  中村航
Excerpt: 中村航さんについては そんなに説明がいらないかとは思います 2,002年にリレキショで文藝賞受賞 同作が芥川賞にノミネートされると その後続けて芥川賞の候補に 昨年、くるくるまわるすべり台が..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2007-12-03 22:05

100回泣くこと 中村航著。
Excerpt: 「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「いま、会いにゆきます」みたい。 男性が書く一途に一人の女性を愛する物語って、なんでこう柔らかいんだろう。なんか似たものがある。 病気に冒され死にそうな愛犬ブック。ブック..
Weblog: じゃじゃままブックレビュー
Tracked: 2007-12-06 21:40

100回泣くこと 〔中村航〕
Excerpt: 100回泣くこと ≪内容≫ 交際3年。求婚済み。年の差なし。 ここが世界の頂点だと思っていた。 こんな生活がずっと続くんだと思っていた―。 精緻にしてキュート。 清冽で伸びやか。 い..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-12-08 20:59

『100回泣くこと』中村航 を読んで
Excerpt: 100回泣くこと (小学館文庫) 中村航 souiunogaii評価 内容紹介 実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。..
Weblog: そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)
Tracked: 2009-04-26 08:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。