2007年09月07日

イニシエーション・ラブ

****************************************************************

大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは
代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり
夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。
マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の会社に就職した
たっくん。ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。
週末だけの長距離恋愛になってしまい、いつしかふたりに
隙間が生じていって…。

****************************************************************

「面白い」と言われ、この作家さんの
この本に初挑戦。
sideAとsideBの2編に大きく分かれて
文章が書かれている。

久しぶりの恋愛物だなぁと思いつつ読み進める。
まぁ、話としてはどこにでもあるような
恋愛物。というのがsideAを読んだ感想。

sideBを読み進むうちに
微妙な違和感を感じるようになった。
でも、何に対して違和感を感じるのかが
結局最後まで分からず・・・。
とりあえず、読了。
そして一旦、本を閉じた私。
「ん?あれ?最後、私、何か引っかかったよね?」
ってなもんで再度、ラストページを開く。

ラストの2行。
「あれっ!!これって!!!」
いやぁ、やられたというか
「そういう訳?えっ!」
違和感の原因が分かった時には
sideAとsideBの時間合わせをしちゃったよ。
そして、思ったこと。
「女って怖い。。したたか過ぎる」

恋愛物だと思ってた本が
一瞬にして変化する・・・

お勧めの一冊。

★★★★★



この記事へのコメント
ゆきさん、こんばんは!
「女って怖い。。したたか過ぎる」
ほんとその通りでしたね〜。
彼女の印象が一瞬で逆転してしまいました。
Posted by エビノート at 2007年09月08日 01:31
どこがミステリーなんだろう?普通の恋愛小説だよね・・と思いつつ読んでいたら、最後の最後にやられました。
ほんと、一瞬のうちに物語が変わりましたねー。女は怖い、これにつきます。
Posted by june at 2007年09月08日 13:20
エビノートさん☆
>彼女の印象が一瞬で逆転してしまいました。

 本当ですよね。
 私、SideAを読んでるとき
 今どき、こんな女の子居ないって・・・って
 思いながら読んでたんですよね。
 でも、物語上だからこういう設定もありかって
 納得しなおした後でのどんでん返しだったので
 尚更強烈でした。w
 しっかり作者の術中(?)にはまってしまった
 一冊です。くやしい。。w

juneさん☆
>最後の最後にやられました

 そうなんですよ。本当にラスト2行で。。
 うーん。悔しい。
 一瞬にして本の色合いが変わりました。
 久しぶりにこうい本を読んだような気がします。
Posted by ゆき at 2007年09月08日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

イニシエーション・ラブ〔乾くるみ〕
Excerpt: イニシエーション・ラブ 大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。 やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-09-08 01:20

(書評)イニシエーション・ラブ
Excerpt: 著者:乾くるみ 大学4年の僕(たっくん)は、代理で出席した合コンの場で彼女(マユ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-09-08 06:38

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ 目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な伏線 そして最後に明かされる真相−80'sのほろ苦くてくすぐったい恋愛ドアラマは そこですべてがくつがえり、2度目にはまっ..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-09-08 13:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。