2007年08月25日

Fake

****************************************************************

興信所の調査員・宮本と20歳の東大生・加奈は浪人生
昌史を東京芸大に受からせるため、大学入試センター試験で
完璧なカンニングを実行する。しかし、カンニングは露呈し
宮本は職を、加奈は学籍を失った。彼らを嵌めたのはカジノの
オーナーで砥川組組長の息子・沢田。宮本、加奈、昌史
そして昌史の父で元港区会議員の西村は復讐のため、沢田と
10億円を賭けたポーカーの勝負をする。入念なイカサマを
仕掛けた4人は、絶対に負けるはずがなかったが―。

****************************************************************

コンゲーム&ギャンブルが混じった本。
まぁ、本のタイトルが「騙す」って意味だからね。

私としては、冒頭部分のセンター試験の部分は
ドキドキしながらめちゃくちゃ惹き込まれて
読んだんだけど
後半のポーカー勝負の部分になると難しくて
手に汗握る緊張感っていうのがいまひとつ
感じ取れなかった。
多分、ルールを知らないからだろう。

騙し騙されのスリルは面白く
すっかりラストまでいっちゃったんだけどね。
読み直しちゃったよ。
でも、最近読んだ本の中でも
同じようなトリックがあったような気がする。
それなのに気づかないなんて・・・・。w

でも、ラスト、主人公はいいけど
その他3人はどうなるんだろうね。
日本に居て大丈夫なのか?

★★☆☆☆






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。