2007年08月02日

子どもたちは夜と遊ぶ

****************************************************************

同じ大学に通う浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く
一方通行の片想いの歯車は思わぬ連続殺人事件と絡まり
悲しくも残酷な方向へ狂い始める。掛け違えた恋のボタンと
絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待つのか?

****************************************************************

上・下巻の2冊からなる本。
上巻の前半部分は、読んでいて物凄くだるく
何度読むのを止めようと思ったか。。
でも、やめないで良かったよ。
上巻の後半部分に入ると、前半のダラダラした部分が
一体なんだったのか?と思わせる程の
迫力とスピードがあり、先を予想させない展開で
もう、ドキドキしっぱなし。
時間を忘れて読んだ。

女性作家らしい、ミステリー&恋愛を絡めた本で
それぞれの登場人物の心理描写が見事。
ただ、ミステリーに関して言えば
犯人もトリックも分かってしまうのでそれはいまひとつ。

というか、「また似たような手法にやられた」と
いうのがめちゃくちゃ悔しい。。
この方、こういうパターンがお得意なんだね。
注意が必要だわ。

「大人と子供の違い」はなんだろう?
これが大きなテーマなんでしょうね。
どこから大人でどこまでが子供?
私達はいつの頃から「大人」になるのだろうか。
自分では「子供」のつもりでも
周りからは「大人」と見られたり
自分では「大人」のつもりでも「子供」と見られたり。
見られる場面や、見る人、立場や環境によって違うのだろう。

切なさいっぱいの展開だったけど
エピローグで救われる部分があったので良かった。

★★★+☆☆

 


posted by ゆき at 15:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 辻村深月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(書評)子どもたちは夜と遊ぶ
Excerpt: 著者:辻村深月 子どもたちは夜と遊ぶ(上)価格:¥ 1,040(税込)発売日:2
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-08-07 20:03

「子どもたちは夜と遊ぶ 下」辻村深月
Excerpt: 子どもたちは夜と遊ぶ(下) 辻村 深月 上巻を読んでから1ヶ月弱。読んでみて思うのは、やっぱり続けて読むべきだったって事でした。すっかり騙されていた訳ですが、事実がわかってから読むとどう違..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-08-07 23:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。