2007年07月19日

使命と魂のリミット

****************************************************************

心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を
胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を
前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか?
今日、何が起きるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。

****************************************************************

作品紹介を読まず、読み始めたので
最初は主人公夕紀の成長ストーリーかと
思ったが途中から様相が違ってきた。

今回はミステリーより、ヒューマンドラマ色が濃く
2時間ドラマにでもありがちな設定というか
展開だなぁというのが正直な感想。

夕紀、七尾、譲治の3人の視点から
話が進むのだけど、もう少し深く描写して欲しかったかな。

特に七尾の状況。
彼だけ物語が完結してないと思うのは私だけ?
3人の立場からの「使命」というものをテーマにし
心(魂)の葛藤を書いてるんだけれど
うーん。展開が読めてしまって
いまひとつなんだよなぁ。
それに一応主人公だと思うんだけど夕紀の
魅力の乏しさがなんだかねぇ。

他の方々の感想を読んでいると
結構高い評価なのが正直驚きで。。
期待しすぎたのがいけなかったのか?

でも、
「人にはみんな果たすべき使命がある」
このセリフはピカいち♪

★★+☆☆☆

posted by ゆき at 18:07| Comment(8) | TrackBack(11) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
使命という言葉の重みが伝わってくる作品でしたね。
七尾刑事の完結していない物語は、他の作品で描かれると良いなぁ〜と期待してます。
七尾刑事が主人公の話を読んでみたいです。
Posted by エビノート at 2007年07月19日 20:54
こんばんわ^^
・・・あれ・・・七尾って、誰でしたっけ?覚えていないと言う^^;
面白かったですけど、確かにちょっと物足りないと言いますか、東野さんらしくないなぁと思いました。
Posted by 苗坊 at 2007年07月19日 22:21
エビノートさん☆
>七尾刑事が主人公の話を読んでみたいです。

 このアイディアいいですね。
 私も読んでみたいかも。
 個人的には彼のようなキャラは好きなので
 深く描いてくれると嬉しいですね。

苗坊さん☆
七尾は刑事さんですよん。
>東野さんらしくないなぁと思いました。

 うんうん。そうなんですよね。
 正直、ラストもうひとひねり欲しかったです。
Posted by ゆき at 2007年07月19日 23:05
>2時間ドラマにでもありがちな設定
たしかにそうですね。

私は東野さんをそれほど読んでいないので
こんなものか…って思いましたけど
東野さんを読み込んでいらっしゃる人たちは
物足りなさを感じたようですね。
Posted by なな at 2007年07月19日 23:36
こんばんは。
2時間ドラマっぽくて、わかりやすすぎだったのかもですね。
用意周到な犯人を説得する七尾刑事が魅力的でした。
東野さんの刑事ものだと「赤い指」の加賀刑事もよかったです。

サイトが込み合っていたせいか、
「塩の街」のトラバが反映されていませんでした。
お手数ですが、再トラバいただけるとうれしいです。
ひと手間減らすために、トラバURL持参しました。
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/272-5d2db798
Posted by 藍色 at 2007年07月20日 00:21
ゆきさんこんばんは。
この本はさすが東野さんは上手いなあと思いながら読みました。
ただ上手すぎて、きれいに枠の中に納まりすぎているとも感じました。
その辺が実にドラマ的なんですよね。
Posted by たまねぎ at 2007年07月20日 01:17
期待してたわりには、これはちょっと、といった感じでした。
母親の百合子がどうしても好きになれないし、イライラした部分が多かったように思います。
Posted by じゃじゃまま at 2007年07月22日 12:10
ななさん☆
>物足りなさを感じたようですね。

 半々だと思います。
 私は物足りなさを感じた方なんですけど。
 なので、期待しすぎかなぁと自分で反省してみたり。。。
 そして、「赤い指」にまたまた期待したりで
 1人で忙しいです。w

藍色さん☆
うんうん。東野さんらしいひと捻りが
なかったような気がします。
なので物足りなさがあるのでしょうね。
「塩の街」のトラバURLありがとうございます。
ですが、間違えて「使命と魂のリミット」に
してしまいましたぁ。汗
削除しておいてください。

たまねぎさん☆
>きれいに枠の中に納まりすぎているとも感じました。
 
 そう!そうですよね。
 綺麗過ぎて、ドロドロ感がないのも
 物足りなさの一因だと私は思います。
 ありがちな設定というのもその原因でしょうけど。。
 もう少し、考えて欲しかったです。

じゃじゃままさん☆
>イライラした部分が多かったように思います。

 うんうん。百合子は「母親」じゃなく
 「女性」として描かれていましたね。
 そして、そんな何十年も黙ってるもんかなぁという
 疑問もありました。
 イライラした気持ち分かります。
Posted by ゆき at 2007年07月24日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

使命と魂のリミット 東野圭吾
Excerpt: 大学病院を舞台に繰り広げられた危機迫る事件と、父の術死に疑惑を抱いていた心臓外科医を目指す女性の秘めた思いを描いた医学サスペンス。 犯人探しや謎解きを楽しむというよりも、人間ドラマを説いた作品であり..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-07-19 20:03

使命と魂のリミット 〔東野圭吾〕
Excerpt: 使命と魂のリミット東野 圭吾 新潮社 2006-12-06売り上げランキング : 676おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-07-19 20:49

使命と魂のリミット 東野圭吾
Excerpt: 使命と魂のリミット 氷室夕紀は父の死をきっかけとして、心臓外科医を目指している。 今は研修医として、数々のオペに立ち会っている。 夕紀が医師を目指したのは、父の死に対して、ひとつの疑惑を感じてい..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-07-19 22:13

使命と魂のリミット  東野圭吾
Excerpt: 氷室夕紀が医者を志したのには二つの理由があった。 一つは父のような人を助けること。 もう一つは父の死の真相を知ること。 帝都大学医学部を卒業した夕紀は、同大学病院にて研修プログラムを受け..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2007-07-19 22:43

「使命と魂のリミット」東野圭吾
Excerpt: 使命と魂のリミット 東野 圭吾 帝都大学病院で研修医として働く夕紀。医師を目指すきっかけとなったのは大動脈瘤の手術の後にあっけなく逝ってしまった父。 当時中学生だった夕紀は、ふと思い出..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-07-19 23:37

使命と魂のリミット 東野圭吾
Excerpt: 装幀は新潮社装幀室。 週刊新潮2004年12月30日・2005年1月6日合併号から2005年11月24日号連載。 「人間というのは、その人にしか果たせない使命というものがある…」氷室健介の娘へ..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-07-20 00:21

東野圭吾【使命と魂のリミット】
Excerpt: まっすぐで、美しくて、正しい小説。 あまりに「まっすぐ」すぎる印象もなくはない。やさぐれ刑事キャラが、途中から全面的に正義の化身キャラに切り替わってしまうあたりも、いかがなものか。途中から正義の..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2007-07-20 09:43

使命と魂のリミット 東野圭吾 新潮社
Excerpt: この本、図書館でも大人気で、けっこう予約待ちました。 東野さんは、コンスタントに常に愛されてるなあ。 幸せな作家さんやと思います。
Weblog: おいしい本箱Diary
Tracked: 2007-07-20 22:09

使命と魂のリミット 東野圭吾著。
Excerpt: なるほど。サスペンス・・・と思いきや人間ドラマもあり、と。 東野作品は、「容疑者Xの献身」も「手紙」もラストにツン!と来るんだよね。鼻の奥が痛くなる。 多分、これもそうなるんだろうな、と終盤予感がしつ..
Weblog: じゃじゃままブックレビュー
Tracked: 2007-07-22 12:08

(書評)使命と魂のリミット
Excerpt: 著者:東野圭吾 使命と魂のリミット価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006-
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-10-21 12:44

『使命と魂のリミット』  東野 圭吾  新潮社
Excerpt: 使命と魂のリミット心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか? 心..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2009-06-15 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。