2007年06月21日

正義のミカタ

****************************************************************

いじめられっ子の亮太は自分を変えようと
「正義の味方研究部」に入部する。
果たして亮太は変われるのか。いじめ、リストラ、格差。
こんな社会で生きていかなきゃならない、将来が少し不安な
あなたに贈る、書き下ろし青春小説。

****************************************************************

「正義とはなんぞや?」
難しいテーマを含んでいる作品。
正義って本当になんだろう。

この本を読んで
「物事を見るときには色々な角度から見なければいけない」
と誰だったかに言われた事を思い出した。

自分から見たら、それは絶対正しいと思う事でも
違う立場の人から見たら、それは間違ってる事かもしれなくて
また違う人から見れば、善悪がつく物事でもなかったりという
人によって感じ方も違えば、見えるものも違うわけで。
そう考えると「正義」という「定義」もきっと
人それぞれ違うのだろう。
でも、人間はついそれを忘れがちになるよね。
自分が正しいと思ってる事が正しくて
相手が間違ってると思い込んでしまう。
「正義」って難しい。

うーん。うまく言えないけれど
なんかいっぱい考えさせられる。

でも、これじゃ本の感想になってないか。。w

本の感想を書くならば、「面白い!」のひと言。
400ページの分厚さが気にならない。
亮太の自分自身の「正義とは?」の葛藤について書かれているし
ストーリーの展開もスピード感があって良かった。
最初はほのぼのと学園物語みたいな感じだったのに
それだけで終わらせないのはさすがかな。
後半の亮太にはハラハラ、ドキドキしちゃったよ。

最終的に出した、亮太の結論は気持ちのいいものだった。
読後感は爽やか♪
まぁ、考えるものはあるけどね。
お勧めの1冊。

★★★★★

この記事へのコメント
こんばんは。
スピード感のある展開で、面白かったですね〜。
前半の痛快さ、後半のドキドキ。
亮太のキャラクターが際立っていました。
正義って何だろう?って、いっぱい考えさせられましたね。
Posted by 藍色 at 2007年06月22日 01:36
藍色さん☆
面白かったですよね。
元、いじめられっ子という亮太のキャラ設定が
いきてた物語だと思います。
彼だからこその結論というか。。
本当にいっぱい考えさせられました。
そして、ちょっと考え過ぎて疲れちゃいましたよ。w
Posted by ゆき at 2007年06月22日 17:33
どうもー

正義うんぬんもそうですけど、
ゆきさんのように違う角度からも
考えさせられる部分ありましたよね。

オレも結構オモシロかったです!

本多さんコンプガンバってくださいねー
で、よかったら感想聞かせてください。



Posted by じゅん at 2007年06月22日 18:35
こんばんわ☆

先日はコメントとTBをありがとうございました♪

本多さんの作品は初めてだったんですけど、すごく読みやすくて引き込まれる作品でしたね〜。
正義ってなんだろう…って、本を読んでここまで考えたのってかなり久しぶりでした。読書感想文書くときでさえ、ここまで考えなかったかも…(^_^;)

亮太だからこそ出せた結末。
違和感なくこういう結末に持ってくために亮太が選ばれたんだろうけど…よく亮太のようなキャラを見つけたなぁって思いました。
Posted by マメリ at 2007年06月23日 00:58
じゅんさん☆
>違う角度からも 考えさせられる部分
 ありましたよね。
 
 本当にそうでしたね。
 色々な意味が含められてる本だと思います。

>コンプガンバってくださいねー

 はい、がんばります。
 また、読んだら感想書きますね♪

マメリさん☆
こんにちわ。本多さん作品、初めてだったんですね。
私もコンプしてませんが、いい作品を書く方だと思います。
共にコンプ、目指しましょう♪w

>本を読んでここまで考えたのって
 かなり久しぶりでした。

 今回のこの本は、読者に色々な意味で
 問いかけをしてる本になってると思います。
 お互い、すっかり作者の意図にはまってますね。w
 
 
Posted by ゆき at 2007年06月25日 20:59
こんばんは!
正義に限らず、物事の見方にはいろんな見方があるんだなと、考えさせられる作品でしたね。
視野狭窄に陥らずに、幅広く物事を捉えていかないとなと思いました。
それ抜きにしても、楽しい青春小説でした。
Posted by エビノート at 2007年08月21日 22:34
エビノートさん☆
こんばんわ。

>物事の見方にはいろんな見方があるんだなと

 うん。そうですね。
 この本のテーマは深かったです。

>幅広く物事を捉えていかないとなと

 確かに。。でも、これが私には
 なかなか難しかったりします。
 まだまだ勉強不足の私です。w
Posted by ゆき at 2007年08月22日 18:59
素直に楽しめたと言えませんでした。
本多さんを読むたびに納得出来ない自分がいます。
だけどまた読んでしまうから、たぶん上手いんだろうなあ。
Posted by しんちゃん at 2007年09月17日 17:25
しんちゃんさん☆
>本多さんを読むたびに納得出来ない自分がいます

 そうなんですね。
 私の場合、納得出来る場合と出来ない場合が
 あります。
 「真夜中の〜」は納得出来ない作品だったかも。

>だけどまた読んでしまうから

 うんうん。分かります。
 なぜか、また読んでしまうんですよね。
 やっぱり魅力ある作家さんなのでしょうね。w
Posted by ゆき at 2007年09月21日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45502037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

正義のミカタI'm a loser 本多孝好
Excerpt: 装丁は松昭教。書き下ろし。 主人公で語り手の蓮見亮太は飛鳥大学に入学。高校時代のいじめっ子も入学してて再会。窮地を救った同級生、桐生友一(トモイチ)に連れられ“正義の味方研究部”に入部。好転する..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-06-22 01:36

「正義のミカタ」本多孝好
Excerpt: 「正義のミカタ」本多孝好 高校でいじめにあっていた亮太は、 大学ではそうならないよう、 慎重にプランを練っていたのだが、 同じ大学に高校時代のいじめの首謀者が。。 ひょんなことから 「..
Weblog: 読書感想文 と ブツブツバナシ
Tracked: 2007-06-22 18:32

『正義のミカタ』 本多 孝好
Excerpt: 正義のミカタ 〜I’maloser〜本多孝好双葉社価格未定円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学_uacct = "UA-918914-3";urchin..
Weblog: お菓子を片手に、日向で読書♪
Tracked: 2007-06-23 00:50

正義のミカタ―I’m a loser 〔本田 孝好〕
Excerpt: 正義のミカタ―I’m a loser本多 孝好 双葉社 2007-05売り上げランキング : 4798おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ いじめられっ子の亮..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-08-21 22:25

「正義のミカタ」本多孝好
Excerpt: 正義のミカタ―I’m a loser本多 孝好 (2007/05)双葉社 この商品の詳細を見る 高校時代にとことんイジメられていた蓮見亮太は、大学生になってデビューしようと思っていた。そこへ現れた..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-09-17 17:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。