2007年06月03日

魔使いの弟子

****************************************************************

七番目の息子として生まれた少年トム。
生まれたときから魔使いの弟子となることが
運命づけられていた。トムには他の人には
見えないものが見え、聞こえないものが聞こえる。
真に弟子として取ってもらうために、一ヶ月間
魔使いと行動を共にすることになる。
次々起こる不思議な出来事、見も凍るような恐ろしい事件。
トムは試練を乗り越え、魔使いとなることが出来るのか。

****************************************************************

ミステリーファンタジーといったところかな。

今回は、トムが自ら招いた危機を
自分の力で乗り越えていくという物語。
一見、頼りなくみえるトムだけど、
意思の強さや、怖いものに立ち向かう勇気はなかなかのもの。
読んでいて、応援したくなってくる。

本を読んでいると時々出てくる挿絵もまた効果的。
想像力を掻き立てられ、物語の世界へより一層
惹きこまれる。

トムを取り囲む、魅力たっぷりの登場人物達も
忘れてはならない。
何やら隠された秘密を持っていそうなトムの母親。
まだまだ本当の姿を見せていない師匠の魔使い。
敵になるのか、味方になるのか、まだ分からないアリス。

映画化も決定しているのだとか。
彼が今後、どのような試練を乗り越え
一人前の魔使いに成長していくのか。。
読むのが楽しみ♪

★★★☆☆






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。