2007年04月26日

ねこのばば

************************************************************

え!? 身体が弱くて、繊細で
正義感いっぱいの、あの若だんながグレちゃった?
犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な
妖怪に守られながら、今日も元気に(?)
寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に
持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々――。
愛嬌たっぷり、愉快で不思議な人情妖怪推理帖。

************************************************************

「しゃばけ」シリーズ第3弾。
やっと読めたよ。いつも図書館では貸し出し中。
やはり人気の作品らしい。

今回も5編からなる短編集になっている

特に気に入ったのは
前作では仁吉(白沢)メインの物語があったが
今回は佐助(犬神)メインの物語が。。
また、これが切ない。切ない。
佐助が一太郎を多いに甘やかす理由も
ここにあるのかも。。

そして、もうひとつ
今回、お春ちゃんのお嫁入りの物語も。
お春ちゃんが一太郎の寄せる思いなんかを
考えると、こちらも切なく悲しくて。
幸せになって欲しいなぁなんてすっかり
お春ちゃんに感情移入する私。

このシリーズを読むたびに
「人間とは。。」と考えてしまう。
今回の作品は、今までの2作品より
やるせない気持ちになる結末の作品が多かったかな。

この本の中で印象に残った言葉をひとつ

「選びたくない道しか目の前にない時、
 人はどちらを向いて、足を踏み出すんだろうか・・・・」

★★★★☆


posted by ゆき at 17:32| Comment(2) | TrackBack(2) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
引用されている言葉、ほんとに深く考えさせられますね〜
読んでいるときには、若だんなと鳴家たちとのやり取りにほのぼのさせられて、あまり意識しないんですけど…。
次は「おまけのこ」ですね!
早く借りられるといいですね〜♪
Posted by エビノート at 2007年04月30日 19:30
エビノートさん☆
こんにちわ。
コメント&TBありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさいね。

>引用されている言葉  
 ほんとに深く考えさせられますね〜  

 うん。本当にそうですよね。  
 心の中に「ずぅーん」と響きます。  
 でも、全体的に重い雰囲気にならないから
 読みやすく楽しいですよね。
 「おまけのこ」楽しみです。
Posted by ゆき at 2007年05月16日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ねこのばば 〔畠中恵〕
Excerpt: ねこのばば 犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々―愛嬌たっぷり、..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-04-30 19:09

「ねこのばば」畠中恵
Excerpt: ねこのばば (新潮文庫)畠中 恵 (2006/11)新潮社 この商品の詳細を見る 「しゃばけ」「ぬしさまへ」ときて、やっと「ねこのばば」を読みました。今回も前作に引き続き短編集です。ちょっとおさら..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-09-14 17:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。