2007年04月25日

夜市

************************************************************

何でも売っている不思議な市場「夜市」。
幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに
「野球選手の才能」を手に入れた。
野球部のエースとして成長した祐司だったが
常に罪悪感にさいなまれていた。

************************************************************

第12回日本ホラー小説大賞受賞作と聞いていたので
怖くてグロい物語を想像していたのだが想像と全く違った。
幻想的で哀しく切ない物語と言った方が良い。

この1冊には表題にもなっている
「夜市」と「風の古道」の2編がおさめられている。
どちらも、もっと読んでいたいと思わせられ
読み終わるのがもったいなく感じた。

どちらの物語も冒頭部分から物語に惹きこまれ
あっという間に、幻想的な世界へ連れていかれた。
読んでいるだけで
その場面、場面が目に浮かぶようで読みやすく
また、次の展開、次の展開と気になって仕方がなかった。
文章のひとつひとつが洗練されていて綺麗だと思う。

こういうホラーなら何度でも読みたい。

これがデビュー作との事。
第2作目の「雷の季節の終わりに」を
読むのが今から楽しみ。

そうそう「夜市」を読む時は静かな空間で
1人で読む事をお勧めする。

★★★★+☆



posted by ゆき at 00:24| Comment(7) | TrackBack(8) | 恒川光太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆきさん、こんばんは!
読み終えるのがもったいないと思える、独特の味わいがある作品でしたよね〜
幻想的な世界観が魅力的でした♪
「雷の季節の終わりに」も良い作品ですよ!
楽しまれてくださいね(^o^)/
Posted by エビノート at 2007年04月25日 20:17
エビノートさん☆
コメントありがとうございます。
独特で幻想的。
これが、ホラーとは思えませんでした。
今まで私が持っていた「ホラー」という認識を
覆されたような気さえします。
大げさでしょうか?w
「雷の季節の終わりに」も必ず読みます。
楽しみ〜♪
Posted by ゆき at 2007年04月25日 21:21
ゆきさん、こんばんは。

本を広げたら、そこは不思議な世界。
こういうのってすごくいいですよね。

恒川さん、追いかけて行きたい作家さんになりました。
Posted by なな at 2007年04月25日 23:27
ホラーは苦手なんですけど、これは大丈夫というより、むしろ好きでした。
この世界観はすごいですよね。すっかり引き込まれました。エビノートさんお勧めの「雷の季節の終わりに」は、私も好きです。ぜひ世界にどっぷり浸かって楽しんでください!
Posted by june at 2007年04月26日 15:37
ななさん☆
>本を広げたら、そこは不思議な世界。

 本は、こういう世界が楽しめるから
 やめられません。
 私も恒川さん追いかけていきますっ♪

juneさん☆
>この世界観はすごいですよね

 本当に、あっという間に惹きこまれました。
 juneさんも「雷の季節の終わりに」は
 お勧めなんですね〜。
 ますます読むのが楽しみになってきました。
Posted by ゆき at 2007年04月26日 17:17
読み終わるのがもったいない、ってその通りですよね。最初、長編だと思っていたので、これからどうなっていくんだろう?って楽しみにしていたら終わってしまって、でも続く「風の古道」もすんなりと入ってしまって、もっと読みたかったですね。

私も恒川さん追いかけます。いい作家さんに出会えました。
Posted by じゃじゃまま at 2007年10月09日 20:08
じゃじゃままさん☆
「夜市」も「風の古道」もすんなりと
本の世界に入っていけましたよね。
本当にもっとこの世界に浸っていたかったです。
これからの作品が楽しみです♪
Posted by ゆき at 2007年10月11日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

夜市〔恒川光太郎〕
Excerpt: 夜市 第12回ホラー小説大賞受賞作。 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。 裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-04-25 20:11

「夜市」恒川光太郎
Excerpt: 夜市 恒川 光太郎 日本ホラー小説大賞受賞作「夜市」と書き下ろしの「風の古道」2つの短編。 両方とも自分が過ごしてる日常のほんのちょっとの歪みに入り込んでしまった子どもたちの物語..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-04-25 23:27

「夜市」恒川光太郎
Excerpt: 夜市恒川 光太郎 (2005/10/26)角川書店 この商品の詳細を見る 「夜市」と「風の古道」の2編を収録した本です。 「夜市」 大学生のいずみは高校時代の同級生の裕司から、夜市に誘..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-04-26 08:44

「夜市」恒川光太郎
Excerpt: 夜市 ホラー大賞受賞作とあったので、怖いんだろうな・・と思いつつ手にとったのですが、ホラーといっても、ノスタルジックな色合いが濃くて、そんなに怖くはなかったです。異界ものっていうんでしょうか、2..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-04-26 15:35

『夜市』 恒川光太郎  角川書店
Excerpt: 夜市 第12回日本ホラー小説大賞受賞。 「夜市」と「風の古道」。 ホラーというほどの怖さはなく、異空間へ迷い込んでしまう。それはとても独特な世界なのに、懐かしさも感じる。 きっと寓..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2007-07-02 08:21

夜市 恒川光太郎
Excerpt: 欲しいものが何でも手に入るという「夜市」。かつて、欲しいものと引き換えに、あるものを差し出してしまったことを悔い、それを取り戻すために、連れの女性とともに再びそこへ出向いた男の物語、表題作「夜市」と、..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-07-02 11:28

夜市 恒川光太郎著。
Excerpt: どなたかのブログでこれは面白そうだ!と思い、借りてきた。 うん、面白かったよ~。どこか懐かしくて、こういうのをノスタルジックというのか?読んでると、自分の幼かった頃の夕方の町並みを思い出してしまった。..
Weblog: じゃじゃままブックレビュー
Tracked: 2007-10-08 17:55

夜市 恒川光太郎
Excerpt: 夜市 ■やぎっちょ読書感想文 ♪来ぅるー、きっと来るぅー♪ ほほー。怖い世界のお話ではあーりませんか!新鮮新鮮。 かなり以前に本ブロガーさんがよく読んでらっしゃるのを尻目に、その頃は読..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2008-05-27 15:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。