2007年04月13日

とっても不幸な幸運

************************************************************

新宿の酒場に持ち込まれた
「とっても不幸な幸運」という名の缶。
中から現れた不思議な物が常連客たちに
もたらしたものは、幸せ?それとも……?

************************************************************

この缶の意味を聞いて
「パンドラの箱」を連想した。
まぁ、少し違うけど。。

「とっても不幸な幸運」の缶を開けると
出てくるのは不幸か幸運か。。
開ける人によって、出てくるものは
様々なようで。。
そんな話ばかりを集めた短編集。

独特の個性ある味付けになっているので
好き嫌いが分かれる本だと思う。
私は、好きでもなく嫌いでもない。
はっきり言って、普通かな。

こういう「酒場」のマスターや
常連客には憧れるし、またその一員になれたら
楽しいだろうなぁという雰囲気は面白いと思う。
でも、物語の中身がちょっとという感じ。
「不幸」も「幸運」も
無理して物語にこじつけたような気がする。

本のタイトルに惹かれて読んだだけに
ちょっと残念かな。

★★+☆☆☆


posted by ゆき at 22:16| Comment(7) | TrackBack(5) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆきさん
こんばんは♪
本とは関係ないのですが、実はこのところパンドラの箱のことをずっと考えていて、ちょうどそのことに触れられていたので。
でね、パンドラの箱って最後に「希望」が出てくるじゃないですか。あれって、実は巧みな絶望アイテムなんじゃないかなぁなんて考えていたんです。ここのところ。(暗いぞ自分!)
希望を奪われたときほど絶望することってないじゃないですか。だからわざわざ希望を忍ばせて、気分よくさせてから落としてやろうみたいな意味があるのかなぁ、なんて。
なんでこんな話を熱弁しているのだか・・・(汗)
Posted by やぎっちょ at 2007年04月13日 23:21
ゆきさん、こんばんは。

「普通」同感です。
缶がなくても十分に楽しめたんじゃないかって思いました。
Posted by なな at 2007年04月13日 23:41
こんばんは。
常連客の個性が楽しめました。
この雰囲気、いいですよね。
行ってみたいですが、あの缶はご遠慮したいです(笑)。
Posted by 藍色 at 2007年04月14日 02:14
やぎっちょさん☆
コメントありがとうございます。
パンドラの箱について。。うーん。
やぎっちょさん、深い考えですね。
私なんて単純だから「最後に出てきたのが希望だった」という話を
聞いて素直に
「どんなに辛い事があっても希望だけは持ちなさい」という
教訓というか教えだろうなぁと思って
「パンドラの箱」の話を認識した覚えがあります。

>実は巧みな絶望アイテムなんじゃないかなぁなんて

 確かに、「希望」を1度見せられて
 それがダメになった時の事を考えると怖いですよね。
 でも、1度ダメになっても
 また、2度、3度立ち上がれる勇気が欲しいなぁと思います。
 私自身、とっても弱い精神の持ち主なので。。苦笑
 って、私もなんか熱く語ってしまいました。
 やぎっちょさんのコメントに対して
 私の返信、もしかして的外れかもしれないですね。汗

Posted by ゆき at 2007年04月15日 23:43
ななさん☆
私の「普通」という感想に同感して頂けて
嬉しいです。
>缶がなくても十分に楽しめたんじゃないかって

 うん。本当にそう思います。
 第一話だけ読んだ時は、まさか全部の章に
 「缶」が登場するとは思わず。。
 さすがに2話、3話と続くと無理があったなぁと
 感じました。

藍色さん☆
>常連客の個性が楽しめました。 この雰囲気、いいですよね。

 そうですよね。
 この酒場の雰囲気や常連客は気に入りました。
 実際に居たら、是非会ってみたいかも。
 
>あの缶はご遠慮したいです(笑)

 そうですよね。w
 どういう缶か分かっていたら中々開けるのは
 難しいですよね。
 「開ける」という事は
 結構、勇気がいる行動だと思います。
Posted by ゆき at 2007年04月15日 23:49
こんばんは!
確かに無理して缶を登場させなくても…と、ちょっと思っちゃいましたね。
缶から飛び出してくる幸・不幸
その設定は面白いなぁと思ったんですけど、生かしきれなかった感じですね。
目の前に置かれたら、考えなしに開けちゃいそうですけど。
そして、後悔するパターンです、私なら(^_^;)
Posted by エビノート at 2007年06月21日 21:40
エビノートさん☆
>考えなしに開けちゃいそうですけど。
 そして、後悔するパターンです

 そうなんですか?でも、開けられるなんて勇気があります。
 私なんて、缶の意味を知ってたら
 買ってはきたものの
 (それでも、見つけたら買うんですけどw)
 目の前に置いて何時間でも悩みそうです。
 じゃぁ、買うなって話なんですけどね。
 あっ!誰かに開けてもらって様子見っていう
 手もありますよね。邪道でしょうか?w
Posted by ゆき at 2007年06月22日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「とっても不幸な幸運」畠中恵
Excerpt: とっても不幸な幸運 畠中 恵 新宿にある「酒場」と言う名前の酒場、料理の腕がよく喧嘩っ早い店長をはじめ、そこに集まる常連客はみな一風変わった人たちばかり。その「酒場」に「とっても不幸な..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-04-13 23:41

とっても不幸な幸運、畠中(はたけなか)恵
Excerpt: 装画は寺門孝之。2001年庶民とお化けの不思議な関わりを描いた「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞デビュー。続くシリーズ作「ぬしさまへ」「ねこのばば」その他に「百万の手」「..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-04-14 02:49

とっても不幸な幸運 〔畠中 恵〕
Excerpt: とっても不幸な幸運畠中 恵 双葉社 2005-03売り上げランキング : 179403おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ちょっとひねくれているけれど、料理..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-06-21 21:22

とっても不幸な幸運<畠中恵>−(本:2007年70冊目)−
Excerpt: とっても不幸な幸運 出版社: 双葉社 (2005/03) ISBN-10: 4575235199 評価:70点 「まんまこと」という小説で第137回直木賞の候補になったものの、あっさり..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-07-19 23:31

『とっても不幸な幸運』  畠中 恵  双葉文庫
Excerpt: とっても不幸な幸運 (双葉文庫 は 18-1) (双葉文庫) 新宿の酒場に持ち込まれた「とっても不幸な幸運」という名の缶。中から現れた不思議な物が常連客たちにもたらしたものは、幸せ?それとも..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2009-01-07 06:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。