2007年02月19日

ボトルネック

************************************************************

恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ
そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが
気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に
自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。
どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。

************************************************************

最初から最後まで一気に読めた。。
しかし、面白いという事じゃなく
怖い物見たさ(?)的な感覚で読んだ感じ。

この物語、どこまでいっても
救いようがない。ただ、落ちていくだけ。
それが何とも言えなく、悲しい。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を


この主人公は人生の岐路となる箇所で
何もせず、あるがままを受け入れただけなのに
何か行動を起こした場合と何もせず
受け入れた場合とではこんなに違うものなのか?
その違いをたんたんと見せ付けられていく。

家庭の崩壊、兄の死や知り合い、恋人の死などなど
どれもこれも、自分があるべき時点で
違う行動や言動を発していたら
全部、避けきれる事だったと知った主人公。

読み進めるごとに、読んでるこちらまで
気分が重く、ブルーになっていく。
この本、自分が落込んでいたり
気分がブルーな時には絶対読むものじゃない。

ラスト1行、とどめの文章。
この後、主人公がどのような行動をとったか
想像するのが恐ろしい。

人にはなかなか勧められない本。

★★★+☆☆



この記事へのコメント
こんばんわ^^
TBとカキコありがとうございました。
いや〜凄いですよね。
ここまでイタイ話を読んだ事がありません。
サキが、リョウにとっての支えだけど、サキが伝える真実を知るたびに、傷ついているんですよね。
本当に辛いですよ。
最後の一言も。とどめですよね。
人にオススメできませんが、読んでほしいとも思います^^;
あまりにも凄いので。
Posted by 苗坊 at 2007年02月19日 17:37
こんばんは。
本当、この作品を落ち込んでいるときに読むと立ち直れなくなりそうですよね。
米澤さんの作品は、ほろ苦い結末、というのが持ち味だとは思うのですが、この作品に関してはその中でもダントツの衝撃でした。
それだけパワーのある作品、とも言えるのでしょうが、他人に勧めるのは躊躇われますね。
Posted by たこやき at 2007年02月19日 19:07
苗坊さん☆
本当に凄かったですよね。
私もここまで辛い話ははじめてかもしれません。
救いようが全くないなんて。。

>サキが、リョウにとっての支えだけど

そうなんですよね。そしてまた
サキのあの明るい性格がより一層
リョウを落としてる気がしました。
お勧めしたいけどお勧め出来ないという
複雑な本になってますよね。苦笑

たこやきさん☆
落込んでる時に読むのは絶対ダメですよね。
本の世界や精神に引き込まれて
帰ってこれないような気がします。

>ほろ苦い結末、というのが持ち味だとは思うのですが

 そうなんですか?初米澤作品だったので分からないんですけど
 それでは、他の作品を読む時も
 落込んでる時やブルーな時はやめた方が
 良さそうですね。

>ダントツの衝撃でした。

 私は初作品にしてその衝撃を味わってしまったのですね。
 これだけの衝撃を受けると
 しばらくこの方の他の作品に
 手を出そうという気にはなれません。苦笑
Posted by ゆき at 2007年02月19日 21:45
初米澤さんがこの作品じゃちょっと辛いですね。
確かに毎回ビターな部分はありますが
他の本はこれほどではありません。
ちょっと落ち着いたらぜひ他の本も読んでみてくださいね。
Posted by なな at 2007年02月19日 22:57
確かに人に勧めにくいです。特に落ち込んでいる人には・・。
米澤さんの作品は、ほろ苦さやダークさがありますが、ここまでなのは今のところ他にはないように思います。古典部シリーズなどはオススメです。
Posted by june at 2007年02月19日 23:29
ななさん☆
>確かに毎回ビターな部分はありますが

 そうなんですか?彼の作品はこれと
 似たような傾向って事ですね。
 今回、たまたまこれが強かっただけなのかな。。

>ぜひ他の本も読んでみてくださいね。

 はい。もちろん読むつもりでいます。
 いつになるかは今のところ不明ですけど。w

juneさん☆
この本、本当にお勧めしにくいです。
読んで欲しい気持ちはあるんですけど
読み終わった後の感情を考えると。。苦笑

>古典部シリーズなどはオススメです。

 教えて頂いてありがとうございます。
 是非、探して読んでみますね。


Posted by ゆき at 2007年02月20日 22:01
ゆきさん、こんにちは!
お伺いするのが遅くなってごめんなさい。
この作品が米澤作品初読ということで、さぞ
重たい出会いになってしまっただろうな、と思います。
他の作品はほのぼのしているので是非読んでみてくださいね。
ほのぼのと言っても油断すると…なんですけど(笑)
Posted by リサ at 2007年02月22日 17:45
リサさん☆
コメントありがとうございます。

>さぞ 重たい出会いになってしまっただろうな

 そうなんです。初米澤作品にして、重かったです。
 本の選択を間違えたかも。。と思うほど。w
 でも、これにこりず他の作品も読んでみようと思います。
Posted by ゆき at 2007年02月22日 21:38

お初です。
言いたいテーマは分かりますが、何だか救いのないストーリーでしたね。まさに描き方が「リョウ」的。最後の一行は、とどめの一発だし、ちょっと悪趣味にすら思いました。
何だかお馴染みの作者が並んでいます。また遊びに来ます。

by pomo (^_^)/~  
Posted by pomodori_rossi at 2007年03月08日 01:27
pomodori_rossi☆
はじめまして。コメントありがとうございます。
本当にこの物語、最後まで救いようがありませんでしたよね。
言いたい事は十分、分かったから
ラストぐらいは救いがあるように終わって欲しかったです。
また、遊びに来て下さいね♪
Posted by ゆき at 2007年03月12日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ボトルネック 米澤穂信
Excerpt: ボトルネック 嵯峨野リョウは東尋坊に来ていた。 諏訪ノゾミが、ここの崖から落ちて死んだのだ。 ノゾミの死から2年。ようやく弔う気になり、現場へ足を運んだのである。 ノゾミは中学2年の時、横浜か..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-02-19 17:34

(書評)ボトルネック
Excerpt: 著者:米澤穂信 ボトルネック価格:¥ 1,470(税込)発売日:2006-08-
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-02-19 19:03

「ボトルネック」米澤穂信
Excerpt: ボトルネック 高校1年生のリョウ。2年前に亡くなったノゾミを弔う為に東尋坊を訪れていた。そこへ届いた兄の訃報。帰ろうと思った途端めまいに襲われ、ノゾミと同じように崖を落ちた。目を覚ましてみた..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-02-19 22:58

「ボトルネック」米澤穂信
Excerpt: ボトルネック 米澤さんの青春小説しかもパラレルワールドものということで、パラレルワールドからどうやって元の世界に戻るのか?日常レベルを越えた謎解きがあるのかな・・なんて考えながら、かなり期待をし..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-02-19 23:26

ボトルネック 米澤穂信
Excerpt: 装画はフジモト・ヒデト。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 主人公で高校一年生の語り手の僕、嵯峨野リョウは2年前に事故死した恋人、諏訪ノゾミを弔うため東尋坊を訪れます。強い眩暈に襲われ崖下へ落ちて..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-02-20 01:17

『ボトルネック』米澤穂信
Excerpt: ボトルネック米澤 穂信新潮社2006-08-30by G-Tools 恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢..
Weblog: ひなたでゆるり
Tracked: 2007-02-22 17:42

ボトルネック 米澤穂信
Excerpt: ボトルネック ■やぎっちょ読書感想文 ざっ、ぷーんの東尋望 東尋望をご存知ない方のためにやぎっちょが物語風にご説明いたしましょう。ある、家庭の食卓。 長女「ねえ今度の週末家族でどこか行..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2008-05-18 02:19

『ボトルネック』  米澤 穂信  新潮社
Excerpt: ボトルネック 恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2008-10-27 00:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。