2007年02月16日

しゃばけ

************************************************************

大店の若だんな・一太郎は、めっぽう体が弱い。
なのに猟奇事件に巻き込まれ、仲間の妖怪と
解決に乗り出すことに…。

************************************************************

妖怪物&推理物。
ミステリーを楽しむというよりも
若だんな・一太郎と彼を取り巻く妖怪達の
やり取りを楽しむ本。

妖怪なのに一太郎にとことん甘い
手代(妖)がもう最高♪
そこまで甘いかっ?w

「妖怪」と聞くとおどろおどろしい気がするが
この本に出てくる「妖怪」は愛嬌とユーモアがあり
可愛いく感じる。
こういう妖怪達になら会ってみたい。
文章もリズミカルでさくさくと読めてしまう。

著者略歴を見てしったのだけど
この本「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」を
受賞してるらしい。
これってファンタジーだったのか。。w

宮部みゆきの時代物が好きな人は
気に入るんじゃないかな。

★★★★+☆

posted by ゆき at 19:26| Comment(9) | TrackBack(10) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ^^TBとコメントありがとうございました。
宮部さんの作品も好きですし、畠中さんの作品も好きですね。
時代小説って言うよりも、ファンタジー小説の方が、何となくいいような気がします。
面白かったです!
みんな愛嬌があっていいですよね^^
Posted by 苗坊 at 2007年02月16日 19:42
お!はまりましたね!(笑)
『うそうそ』まで全作品すばらしいですから、つっぱしっちゃってください!
Posted by chiekoa at 2007年02月16日 19:50
苗坊さん☆
時代小説って私、敬遠しがちだったんですけど
宮部さん同様、この方の本も読みやすかったです。
妖怪達、愛嬌ありまくりで可愛かったですよね。

ちえこあさん☆
しっかりはまっちゃいましたよ。
このシリーズって第5弾まで出版されてるんですね。
ちえこあさんのコメントを読んでから調べて
初めて知りました。
「ぬしさまへ」までしかないのかと。。
頑張って突っ走ります♪w
Posted by ゆき at 2007年02月16日 19:59
いいですよね。
「しゃばけ」シリーズ、私もまだ2冊しか読んでいませんが、もったいないのでチビチビ読んでいこうかなって思ってます。
Posted by なな at 2007年02月16日 22:34
突っ走っている最中です。
今第3作と4作を積んでいるので、読むのがとても楽しみなのです。
一緒に突っ走りましょう♪
Posted by june at 2007年02月16日 23:18
こんばんは!
TBありがとうございます。
このシリーズ、時代ものが苦手でも楽しめる作品ですよね。
若だんなと妖怪たちのやり取りが微笑ましくって、大好きです。
Posted by エビノート at 2007年02月16日 23:51
ななさん☆
面白かったですよね。
読み終わるのがもったいなかったです。
私、はまる人なので突っ走る事間違いなしです。
お互い、思う存分楽しみましょうね。w

juneさん☆
手元に3作と4作目が揃ってるんですね。
羨ましいです。私もなんとかしなくては。。
つい、先程、2作目を読み終わりました。
私も3作目を借りて来ますね〜♪
楽しみだ〜☆

エビノートさん☆
(o^・^o) はい。私も時代物って本当は
苦手なんです。でも、これは読みやすかったですね。
さくさく読めました。
若だんなと妖怪達の会話が楽しいですよね。




Posted by ゆき at 2007年02月17日 00:16
ファンタジーでもなんでも、おもしろいんだからそれが勝ち! って感じですね。
続編が次々と出てきて、マンネリにならずにちゃんと目先を変えていってます。
まだまだずっと楽しめますよ。
Posted by ディック at 2007年02月19日 22:16
ディックさん☆
>おもしろいんだからそれが勝ち! って感じですね。

 確かに言えてますね。w
 続編、目先を変えてあるんですね。
 読むのが楽しみです。
 読むごとに、この本の魅力に惹きこまれて
 いくような気がします。
Posted by ゆき at 2007年02月20日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33825896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

しゃばけ 畠中恵
Excerpt: しゃばけ オススメ! 江戸有数の廻船問屋の一粒種・一太郎はめっぽう身体が弱く、外出も許可がなくては出来ない。 両親や手代の目を盗み、外出した夜に人殺しを目撃する。 手代である、佐助と仁吉は実は..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-02-16 19:41

しゃばけ [畠中恵]
Excerpt: しゃばけ畠中 恵 新潮社 2001-12 江戸の大店の若だんな一太郎は十七歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。そんな一太郎を守るべく、手代に身を替えた犬神・白沢、屏風..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-02-16 19:49

「しゃばけ」畠中恵
Excerpt: しゃばけ 畠中 恵 江戸でも有数の廻船問屋兼薬種問屋の長崎屋。その跡取り息子の一太郎は生まれつき体が弱く床に臥せってばかり。両親も手代の二人も過保護に育てている。ある日、手代にも内緒で..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-02-16 22:34

「しゃばけ」畠中恵
Excerpt: しゃばけ 日本ファンタジーノベル大賞受賞作を読もう!企画第4弾です。いえ、私の中で勝手に盛り上がってるだけなんですが、ずっと以前に読んだ「後宮小説」を含めて、はずれなしです。もちろんこの「しゃば..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-02-16 23:17

しゃばけ〔畠中恵〕
Excerpt: 2005年に読んだ本です。 文庫を古本屋で見つけたので、購入し再読。 しゃばけ 江戸有数の廻船問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体か弱く外出もままならない。 ところが目を盗んで出かけた夜..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-02-16 23:48

しゃばけ 畠中恵
Excerpt: 薬種問屋の若だんな・一太郎が人殺しを目撃。 その事件を発端に次々と起こる不可解な殺人。 一太郎が、信頼なる妖怪たちと共に、事件解決へと乗り出す時代人情ミステリー。 『しゃばけシリーズ第一弾』。 ..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-02-17 21:35

『しゃばけ』 畠中恵
Excerpt: 第13回(2001年)日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。どうしてこの作品って大賞じゃなかったのかな?それくらいおもしろいし、うまい小説です。主人公は日本橋通町に店を構える廻船問屋「長崎屋」の御曹..
Weblog: 猛読醉書
Tracked: 2007-02-21 17:36

読書:しゃばけ(畠中恵)
Excerpt: しゃばけ(畠中恵) 「けっこう忙しいね。寝込んでいる暇がないよ」 若だんなと長崎屋の面々に一読惚れ♪一気読みしてしまいました。箱入り息子で両親めちゃ甘、だけど身体が弱すぎなせいでグレること..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-08-13 14:32

『しゃばけ』畠中恵
Excerpt: 『しゃばけ』 畠中恵 和菓子食べたくなりますよ、この本読んでると。緑茶必須。   江戸有数の廻船問屋の若だんなで、役者になれば千両は稼げるであろう器量よし。 頭脳明晰、性格はいたって穏やかで親思い..
Weblog: 勝手に装丁室
Tracked: 2008-01-19 21:08

しゃばけ 畠中恵著。
Excerpt: ≪★★★☆≫ どういうわけか、半分読むのに一週間かかってしまった。 これはシリーズ物を途中から読んでしまったのかい?みたいな、ちょっとついていけない、仲間外れ感が最初あって、でも中盤から徐々に、若だん..
Weblog: じゃじゃままブックレビュー
Tracked: 2008-06-13 22:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。