2007年01月26日

図書館内乱

**********************************************************************

相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!
山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを
叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。
迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!?
どう打って出る行政戦隊図書レンジャー! 
――図書館の明日はどっちだ!?

**********************************************************************

読み終わった第一の感想は
「えっ?!ここで終わり?そんな殺生な。。。」だったりする。
だって、めちゃくちゃいいとこで終わってるんだよね。
容赦なく「・・・To be continued」の文字。
ここで終わられたら、誰だって
続きが気になって仕方ないと思うんですけど。w

「図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。
前作は図書館の現状、つまり「メディア良化法」なる物を
説明する部分が多く感じ、物語としてはちょっと
満足感が足りなかったけど今回は私にとって
満足出来るものだった。
全体の構図としては、主要キャラ達のサイドストーリーが
メインで短編のようだったけど、それぞれのキャラの
人間像に深みが出たし、前作以上に愛着が湧いた。
シリーズ化決定という事で、読み続ける為には
必要な1冊になってると思う。

この1冊の中で1番私が気に入ったサイドストーリーは
なんと言っても小牧教官の話。
私は最初に「レインツリーの国」を読んでたから
尚更良かったのかも。
毬江の「私のことだと思っていい?」のセリフには
思わず、切なくなってしまったよ。

出版された順番は
「図書館戦争」「図書館内乱」「レインツリーの国」らしいが
読む順番としては
「図書館戦争」「レインツリーの国」「図書館内乱」という
順番をお勧め。その方が、「図書館内乱」に出てくる
「恋の障害」の一章は分かりやすいし感情移入もしやすいと思う。

早く続きが出てくれないかな。

★★★★☆






posted by ゆき at 13:45| Comment(16) | TrackBack(14) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^
カキコとトラバありがとうございました。
ホント、そんな〜^^;っていう感じでしたが・・・。
来月に出ますよね☆
とっても楽しみです。
私はその順番で3冊読みました。
恋の障害の部分は読みやすかったですね。
Posted by 苗坊 at 2007年01月26日 14:43
苗坊さん☆
「恋の障害」は良かったですよね。
図書館シリーズ、来月出るんですか?
おぉ。すごく今から楽しみです♪
Posted by ゆき at 2007年01月26日 15:19
「レインツリーの国」は未読なのですが、「レインツリーの国」を先に読んだ方がよかったのですね・・。とりあえずシリーズ3冊目が出る前によまなければ!
Posted by june at 2007年01月26日 16:06
コメントありがとうございます!
奥田英朗さんって面白い本かくんですね〜。いままであまり読んでいなかった作家さんなので、これからはどんどん読もうと思います。これからもみてくださいね!
Posted by 月夜の読書 at 2007年01月26日 22:04
確かに「レインツリー」を読んで
本の内容知っているほうが
小牧の気持ちがわかってドキドキ度がアップしますね。

続き、早く読みたいですね。
Posted by なな at 2007年01月26日 22:57
juneさん☆
「レインツリーの国」はお勧めの1冊です。
この本を読んでから「図書館内乱」を読むと
また違う視点で楽しめると思います。
「レインツリーの国」も胸キュンします。
私はしっかり、キュンキュンしました。w
Posted by ゆき at 2007年01月27日 16:13
月夜さん☆
奥田英朗さん、面白いですよね。
私もお勧めして頂いたんです。
たくさん、本を書かれてるので
読破できるのはいつのことやら。。
これからも月夜さんのブログ
楽しみにしています。
Posted by ゆき at 2007年01月27日 16:15
ななさん☆
そうですよね。もう、ドキドキ感ありっぱなし。
小牧教官たらもうっ♪って感じでした。w
それまで、堂上教官がいいなぁって思って
読んでたんですけど、小牧教官もいいなぁって
思うようになった私です。
どっちも捨てがたい。。w
Posted by ゆき at 2007年01月27日 16:17
これはもう女子萌えな小説ですよね〜。堂上と郁なんかもー恥ずかしいですもんね〜。そんな熱愛?のゆくえが気になってしかたありません。早く出ないかな次の巻★
Posted by やぎっちょ at 2007年01月28日 10:56
やぎっちょさん☆
>これはもう女子萌えな小説ですよね〜

 そうですね。
 ラストなんて、まさしくそうです!
 次の巻、ニヤニヤしながら読みそうな予感です。w
Posted by ゆき at 2007年01月31日 00:57
次の巻、出ましたね♪
今、ウキウキと予約の順番を待っていることろです!!
Posted by ERI at 2007年02月19日 23:47
ERIさん☆
「図書館危機」出ましたね。
私も図書館にて予約中です。
「図書館危機」と一緒に「クジラの彼」も
予約してしまいました。
お互い、早く順番がまわってくるといいですね♪
今から楽しみです。

Posted by ゆき at 2007年02月20日 22:09
TBありがとうございました。
レインツリーの国、やっぱり先に読んでおくと
よかったのですねー。
でも本を読んで初めて知ったから仕方ないかぁ。(^_^;)
これからさっそく読んでみます♪
Posted by みわ at 2007年02月26日 23:47
みわさん☆
>レインツリーの国、やっぱり先に読んでおくと よかったのですねー。

 私はたまたま、「レインツリーの国」を最初に知ったんですよ。
 「図書館シリーズ」は全く知らなかったんです。
 他の人とはきっと違う順番で読んでるんでしょうね、私。w
 で、レインツリーの国があまりにも良かったので
 図書館シリーズも読もうと思った訳なんです。
 「レインツリーの国」とってもお勧めです。
 
Posted by ゆき at 2007年02月27日 19:09
 こんばんは♪ 
 TBどうもありがとうございました。

 ほんと、いいところで終わってますよねー。
 容赦ないです(笑)

 「レインツリーの国」、今度読んでみます♪
Posted by miyukichi at 2007年06月21日 22:14
miyukichiさん☆
ほんと、容赦なしの「・・・To be continued」でしたよね。w
続きが出た時は、ちょー嬉しかったです。
今は最終巻をクビを長くしてまってるところです。
Posted by ゆき at 2007年06月22日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

図書館内乱 有川浩
Excerpt: 図書館内乱 オススメ! 「両親攪乱作戦」 図書特殊部隊(ライブラリー・タクスフォース)である笠原郁は、自分の所属を両親に内緒にしている。 その両親が、郁の職場へ遂にやってきた。 堂上、小牧、..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-01-26 14:42

「図書館内乱」有川浩
Excerpt: 図書館内乱 期待通りのおもしろさでした!メディア良化委員会との戦いだった前回の「図書館戦争」から、今度は図書館内部の派閥の対立、まさに陰謀と心理戦の渦巻く内乱です。大きな組織になれば、一枚岩って..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-01-26 16:04

図書館内乱 [有川浩]
Excerpt: 図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-01-26 17:16

「図書館内乱」有川浩
Excerpt: 図書館内乱 有川 浩 「図書館戦争」の続編。図書隊とメディア良化委員会の対立、図書館内での派閥の問題などを、主要メンバー一人ずつを主人公にした連続短編風に書いた物語。 待ってました!..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-01-26 22:58

図書館内乱 有川浩
Excerpt: 図書館内乱 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん 「黒猫に小判。」のneroさん 「怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】」の白い怪鳥さん に教えていただきました。 ありがとうございました..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-01-28 10:53

図書館内乱 有川浩 メディアワークス
Excerpt: ライヴ終わって放心しておりました。 あきませんねえ・・。ライヴはこの上なく楽しいけど、後遺症がでる(汗) 気合〜〜〜!!
Weblog: おいしい本箱Diary
Tracked: 2007-02-19 23:45

図書館内乱 / 有川浩
Excerpt: 図書館戦争 の続編。 図書館戦争で登場したあのユニークなメンバーが、またもや頑張ってくれます。 今回は郁&堂上だけでなく、小牧や柴崎、手塚のプライベートな話もかなり出てきてますますドキドキワクワ..
Weblog: 活字中毒
Tracked: 2007-02-26 23:48

図書館内乱 - 有川 浩
Excerpt: 前作「図書館戦争」の続編です。前作を読んでいる人には非常に馴染みやすくて面白く感じられます。相変わらずのドタバタコメディーっぽいのも良いです。
Weblog: 脳内TraP
Tracked: 2007-03-17 15:58

「図書館内乱」有川浩
Excerpt: 図書館内乱有川 浩 (2006/09/11)メディアワークス この商品の詳細を見る 「図書館戦争」より先にリアル図書館から順番が回ってきてしまい、焦っりまくった「内乱」なのだ。 ほんとに乱だった..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-04-18 17:43

図書館内乱 有川浩
Excerpt: イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-04-22 04:43

図書館内乱/有川 浩 [Book]
Excerpt:  有川 浩:著 『図書館内乱』  図書館内乱メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 に続く、「図書館シリーズ」第2弾。  「メディア良化法」のもと行われる  超法規的検閲に対抗す..
Weblog: miyukichin’mu*me*mo*
Tracked: 2007-06-10 22:11

図書館内乱 〔有川 浩〕
Excerpt: 図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11売り上げランキング : 27556おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 相も変わらず図書館は四方八方..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-08-25 23:09

図書館内乱<有川浩>−(本:2007年146冊目)−
Excerpt: 図書館内乱 出版社: メディアワークス (2006/9/11) ISBN-10: 4840235627 評価:85点 うーむ、楽しい。 前作もそうだったし、著者の「くじらの彼」を読ん..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-12-02 01:29

『図書館内乱』
Excerpt: 『図書館内乱』 著者 : 有川浩 イラスト : 徒花スクモ 出版社 : メディアワークス 装丁・デザイン : 鎌部善彦 出版社 / 著者からの内容紹介 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ..
Weblog: 裏葉柳
Tracked: 2008-05-17 21:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。