2006年12月18日

海の底

**********************************************************************

横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため
機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦「きりしお」に
逃げ込んだ少年少女の運命は? 海の底からきた「奴ら」から
横須賀を守れるか-!?

**********************************************************************

眠れなかったので、少し読書でもしてから
寝るかと思い読み始めた。
「少し」なんてとんでもなく
あっという間に本の世界に惹きこまれ
一気にラストまで。。気がつけば外は明るかったよ。w

いやぁ、凄かった、面白かった!
「レインツリーの国」とは180度違う。
でも、他の方の有川浩の本の感想を読んでると
こちらが本当の彼女の作風なのかな?

最初の12、3ページ程まで読んだ私は
この本、自衛隊vsテロの話なのかなぁと想像してた。
それが。。自衛隊vsテロじゃなく
機動隊vs怪物?

怪物よ。怪物。まさか怪物が出てくるとはね。
その怪物も簡潔に言えば、ザリガニが巨大化したような物だし。
えっ?こんな展開あり?
まるで、ゴジラvs○○○なんじゃ??なんて思ってたら
作者、しっかりゴジラを絡ませてきてた。
思わず、笑いがこぼれた。
そっか。これは、こういう本なのねと。

でも、機動隊vs怪獣の話だけじゃここまで
私も惹きこまれなかったと思う。
機動隊や自衛隊の位置関係や力関係
それに関わる明石と烏丸、そして滝野のやりとりが
面白く、燃え具合も良かったな。

そして、怪獣物なんだけど青春あり、恋愛もありで
もう、おなかいっぱい。
そのおなかいっぱいもいっぱい過ぎる事なく
ちょうどいい感じで詰め込まれていて面白かった。

潜水艦に閉じ込められた子供達の関係は実にリアル。
でも、それだけに潜水艦の中で次から次へと起こる
出来事からは目が離せず、一緒になって
ムカツイタリ、自分が同じ立場だったらと考えたりと
ページを捲る手が止まらない。
子供達が少しずつ成長していく様が感じがいい。

もちろん、主人公2人の存在を忘れてはならない。
すぐ熱くなる夏木とクールな冬原。
このキャラの性格も名前から考えたのか?
はたまた、性格が先だったのか?
夏木のキャラも冬原のキャラも大好きかも♪

ラストも私的にはとっても魅力的。
その後をたやすく想像させる終わり方だっただけに
もやもや感がなく、すっきり爽やかに読み終わった。
いやぁ、満足の1冊。
この方の本、他の作品もとっても楽しみ。
好きな作家が増えた事は間違いない。

★★★★★



ラベル:読書 有川浩
posted by ゆき at 15:26| Comment(6) | TrackBack(11) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ^^
TBさせていただきました。
とっても良かったです!
私も有川さん大好きになりました^^
有川さんの書くカッコいい男性と、恋愛模様が好きです。
こういうの、憧れますねぇ・・・。
Posted by 苗坊 at 2007年01月20日 19:04
苗坊さん☆
そうなんです。夏木と冬原いいですよね。
私、周りに居たら絶対ほれちゃいそうです。
レインツリーの時も思いましたが。。
図書館の堂上も好きなんですよね。
男性キャラが素敵です♪
Posted by ゆき at 2007年01月21日 11:16
ゆきさん、こんばんは!!
面白かったですよね、これ。私は有川さんの初読みがこれだったので、度肝を抜かれました(爆)巨大ザリガニ?!ええ〜っ?!から、あんなに爽やかなラストに持っていくあたり、非凡です・・。
Posted by ERI at 2007年02月19日 23:32
ERIさん☆
はい、とても面白かったです。
私、これ大好きな本になってます。
巨大ザリガニ。私もビックリですよ。w
ラストは本当に爽やかでしたね。
いやぁ、良かった♪

Posted by ゆき at 2007年02月20日 22:04
面白かったです〜。
一度、家族で横須賀に遊びに行ったことがあって、あの公園か?あの辺か??とフィクションなのに、よかった〜、遭遇しなくて、なんて思ってしまう一瞬があったり。
自衛隊の方がものすごく素敵に思えた作品でした。
Posted by じゃじゃまま at 2008年01月06日 16:27
じゃじゃままさん☆
横須賀に遊びに行った事があるなら
尚更リアルに想像出来たんじゃないですか?
面白さも一層upになったのでは?
陸・海・空シリーズの中ではダントツで
これが私の中で一番です。w
Posted by ゆき at 2008年01月09日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(書評)海の底
Excerpt: 著者:有川浩 横須賀の巨大な甲殻類の群れが上陸。混乱する市街で機動隊は甲殻類を押
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-12-18 19:08

「海の底」有川浩
Excerpt: 海の底 有川 浩 米軍横須賀基地で催される春の「桜祭り」の最中、突然体長1〜3メートル程の赤い甲殻類の群れが人間に襲い掛かります。その巨大甲殻類・レガリスに襲われそうになり、停泊中の潜水艦..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2006-12-18 23:17

海の底 有川浩(ひろ)
Excerpt: 装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞を「塩の街」で受賞デビュー。続いていきなりハードカバー単行本第一作として出た「空の中」に次ぐ、ハードカバー単行本第二作目(その後の「図書館..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2006-12-19 00:08

海の底 有川浩
Excerpt: 海の底 横須賀に巨大甲殻類の大群が押し寄せてきた! 一般人も巻き込まれ大パニック状態で、犠牲者も多く出た。 海上自衛隊の夏木大和と冬原晴臣は、艦長の命と引き換えに13人の子ども達を助け出した。 ..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-01-20 18:51

海の底 有川浩 メディアワークス
Excerpt: なんとなく借りた本なんですが、これが思いがけず面白かった! この巨大ザリガニが横須賀を襲撃する、という荒唐無稽な話を ここまでリアルに書ける、ということがすごいですわ。 エビを食べるのが怖くなり..
Weblog: おいしい本箱Diary
Tracked: 2007-02-19 23:29

海の底 有川浩
Excerpt: 海の底 ■やぎっちょ書評 有川浩マンス一冊目。 これまで図書館シリーズしか読んだことがなかったので、新たな一歩です! で、読んでみるに・・・。   エビ?   ・・・エビのお話? ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-03-05 22:33

海の底 [有川浩]
Excerpt: 海の底有川 浩 メディアワークス 2005-06 先日の『空の中』に引き続き、『クジラの彼』を先に読んでしまった私がいまさら読んでいる本家本元シリーズ、『海の底』です。 …もう、読みながら途..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-03-12 18:17

海の底 [有川浩]
Excerpt: 海の底有川 浩 メディアワークス 2005-06 先日の『空の中』に引き続き、『クジラの彼』を先に読んでしまった私がいまさら読んでいる本家本元シリーズ、『海の底』です。 …もう、読みながら途..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-03-14 12:43

「海の底」有川浩
Excerpt: 海の底有川 浩 (2005/06)メディアワークス この商品の詳細を見る 海から横須賀に巨大な甲殻類がわんさと現れ、人間たちを襲い始める。 海上自衛隊の潜水艦「きりしお」の実習幹部・夏木大和と冬..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-03-14 17:27

海の底 - 有川 浩
Excerpt: 有川浩、マジ面白い!!読み始めて物の数分と立たずに物語に引き込んでくれるのが何とも良い感じだ。そして、今回の「海の底」では潜水艦が舞台となる設定も興味深くてサクサクと読
Weblog: 脳内TraP
Tracked: 2007-04-07 21:14

海の底 有川浩著。
Excerpt: 私はこういうの大好き、だと思ってたんですよね~。いや、好きですよ、【アナコンダ】とか【グエムル】とかゾンビに追いかけられたり・・・そういう話大好きなので、ものすご~~~~く楽しみにしてました!。。。で..
Weblog: じゃじゃままブックレビュー
Tracked: 2008-01-06 16:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。