2006年12月03日

オロロ畑でつかまえて

**********************************************************************

人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ
オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が
村の起死回生を賭けて立ち上がった!
ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション
ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの
村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる―。

**********************************************************************

以前読んだ「なかよし小鳩組」と同じシリーズで
こちらの方が先らしいが、「なかよし小鳩組」の後に
読んでもストーリーは分かるようになっていた。

前回はやくざ屋さんが相手だったが
今回は日本一(?)田舎の青年会が相手。
この青年会のメンバーが話す言葉に訳がついていて
この本のおちゃめ振りが発揮されている。
また、この青年会のメンバーの個性豊かな事。

東京の人達と青年会の人達とのやりとりも
目に浮かぶようで面白かったし
石井・杉山・村崎のボケ、突っ込み(?)も
楽しかった。
この3人、本当に面白い。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


特に石井はお気に入り。
たまぎりに会った後に石井が言った言葉
「うちのおかん、まだ生きとるんや」
読んでいた私は「生きとるんかい!」と
思わず声に出して突っ込んでいた。

脇坂涼子が悟に好感持てるのも納得。
まさか、今までのキャリアを捨てて
結婚にまで走るとは想像出来なかったけど。

言葉で、人柄で、景色でといった具合に
都会と田舎の比較がされているのもこの本の特徴かな。

結局、ウッシー宣伝(?)はラストのラストでこけてしまい
青年会が最初望んだような結果にはならなかったけど
それはそれで良く、本当に望んでたものを
彼らは見つけたんじゃないだろうか。

ほんわかぁと幸せにしてくれた本。

第十回小説すばる新人賞受賞作

★★★★+☆




ラベル:荻原浩 読書
posted by ゆき at 12:35| Comment(0) | TrackBack(5) | 荻原浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(書評)オロロ畑でつかまえて
Excerpt: 著者:荻原浩 オロロ畑でつかまえて価格:¥ 480(税込)発売日:2001-10
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-12-03 14:38

オロロ畑でつかまえて*荻原浩
Excerpt: ☆☆☆・・  第10回小説すばる新人賞受賞作  文章は軽妙にしてユーモアに満ち、話は風刺の力にあふれて爽快であり、  近ごろ稀な快作である。こういう作品に余計な選評は不要、とにかくお読み..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2006-12-03 20:30

オロロ畑でつかまえて [荻原浩]
Excerpt: オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社 1997-12 「村おこし、すべ」。そんな一言から始まった、山奥のど田舎、大牛郡牛穴村の村人たちと、東京の弱小広告代理店の仕掛けた「村おこし」の秘策とは…?! ..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2006-12-04 12:04

オロロ畑でつかまえて
Excerpt: 「オロロ畑でつかまえて」荻原浩 東北の過疎化でピンチ?の村が、 プロダクション会社と組んで、 「村おこし」を行おうと計画するのだが、 仕事を依頼したのは、秋葉原の小さな広告会社。 おまけ..
Weblog: 読書感想文 と ブツブツバナシ
Tracked: 2006-12-04 14:00

● オロロ畑でつかまえて 荻原浩 
Excerpt: オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社 1997-12by G-Tools 超ど田舎の牛穴村が、村おこしのために、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!? あらすじを書く..
Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき
Tracked: 2006-12-05 11:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。