2006年10月28日

人形はこたつで推理する

**********************************************************************

鞠小路鞠夫──私が密かに思いを寄せる内気な腹話術師
朝永嘉夫が操る人形の名前です。出会ったのは幼稚園の
クリスマス会。園で飼っている兎が死んだ事件を
見事な推理で解決してくれました。
そう、「彼」は実は頭脳明晰な名探偵だったのです。

**********************************************************************

この方の本はこれが初めて。
私こと睦月と嘉夫、嘉夫があやつる鞠夫の3人の
会話を軸に物語が進んでいく。

4編からなる短編集で、ミステリーというよりは
ユーモア小説&恋愛小説が主かもしれない。

だって、この小説4編あって殺人事件は2件しかないのだから。
第2話目の「人形はテントで推理する」のトリックは
「その手できたか」と。。。
そして、第4話目「人形をなくした腹話術士」では
こちらまで切なくなり悲しくなる程で
盛りだくさんの内容になっている。

嘉夫と鞠夫の性格が全く違い、その言葉のやりとりも
面白いし、その鞠夫が自分の意思を持って話すという
設定からしてユーモアたっぷりである。
まぁ、これにはカラクリがあるのだが。。
そして、睦月と嘉夫の今後の成り行きも
非常に気になるところ。

ミステリーが苦手な人や、また女性にお勧めの作品。

★★★+☆☆




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。