2006年08月03日

栄光一途

**********************************************************************

オリンピックを目前に控えた日本柔道強化チームの
コーチ望月篠子は、柔道界の重鎮から極秘の任務を言い渡された。
「代表候補の中から、ドーピングをしている選手を突き止めよ」
重圧に堪えながら真実を追う
篠子はスポーツ界を蝕む病に直面する。

**********************************************************************

「クローズド・ノート」「犯人に告ぐ」に次いで
雫井修介の本はこれで3冊目になる。
彼のデビュー作にあたるらしい。

柔道に精通していなくても
詳しく描写されてるので
十分迫力を感じ、読みやく
ストーリーに入りやすい。

ただ人間関係がごちゃごちゃしていて
分かりにくかった部分がある。

「ドーピング」というテーマを
詳しく説明してあり
行為自体の判断基準を問題にしつつ
物語は進行している。

この本は途中で今後の展開を読者に
予想させるもののテンポが悪く
中だるみする部分があるが
その予想を良い意味で
裏切るのでラストスパートは凄いと思った。
しかし、犯人の心理描写が中途半端に感じ
伏線が足りなかったようにも思う。

この物語、主人公の友人
佐々木深紅が居るからこその
面白さもあると思う。
登場人物の中で、彼女が1番良かった。

「面白い」のか「面白くないのか」
いまひとつハッキリしない本。

シリーズ物ということで第二弾も読んでみようと思う。

★★+☆☆☆



posted by ゆき at 22:32| Comment(2) | TrackBack(2) | 雫井脩介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと興味をひかれました。
まったく未読の作家さんですが、
これからのよみたいものメモに
「犯人に告ぐ」が入っているので
いつかは読む予定…。
折角ならデビュー作から読もうかなー、と思いました。
とりあえず、これはメモー。
Posted by 菜の花 at 2006年08月05日 11:24
菜の花☆
コメントありがとう。
私も順番としては「犯人に告ぐ」より
先に読んだ方がいいと思います。
第2弾の感想も楽しみにしてて下さいね。
Posted by ゆき at 2006年08月08日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21888451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(書評)栄光一途
Excerpt: 著者:雫井脩介 日本女子柔道強化チームの望月篠子は、強化選手の中にいるドーピング
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-08-04 00:36

「栄光一途」
Excerpt: 雫井脩介の「栄光一途」を読みました。 オリンピックを目前に控えた日本柔道強化チームのコーチ望月篠子は、柔道界の重鎮から極秘の任務を言い渡された。「代表候補の中から、ドーピングをしている選手を突き止めよ..
Weblog: はぐれ雲
Tracked: 2006-08-07 19:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。