2006年06月30日

レイクサイド

**********************************************************************

「あたしが殺したのよ」愛人を殺された夫。妻が犯行を告白する。
そして夫は愛人の遺体を湖の底へ―
私立中学受験の勉強合宿が行われる湖畔の
別荘地で、いったい何が起こったのか!?

**********************************************************************

さくさくと読めるが、全体的にキレがないという印象。
東野圭吾らしくないと言った方がいいかも。
物足りなさが残り、不完全燃焼といったところか。。
ラスト、一応の答えは出るものの
動機が弱すぎるような気もしてちょっと無理があるように感じる。
わざとだとしても。。。。

★★+☆☆☆



posted by ゆき at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。