2006年06月19日

ぼんくら

**********************************************************************

江戸・深川の長屋を舞台に同心の井筒平四郎が
大商人の湊屋総右衛門の17年に及ぶ遠大な計画を暴いていく。
それまで何事もなかった平和な長屋に、ある夜
寝たきりの父親を持つ兄妹の家に殺し屋が
押し入り兄を殺害するという事件が起こる。
この事件を皮切りに、次々と長屋の店子たちに
不幸が襲いかかり、順番に長屋を離れていく。
長屋の大家である湊屋が店子を
こっそりと追い出そうとしていると
いう企みに井筒が気づき
仲間の岡っ引きらの手を借りて真相を究明する。

**********************************************************************

宮部みゆきが「ぼんくら」の続刊
「日暮らし」を発売する時に
新聞にコメントを掲載していてそれを読んだのが
この本を読むきっかけになった。
まず、同じ主人公で根にある仕掛け(?)というか
舞台が同じものを3部作で出すという事
で強く興味を惹かれた私。
ただ単の続き物でなく、それぞれのタイトルにあった
ミステリーが隠されている。
相変わらずの人物描写と最後の仕掛けには
大満足で「ぼんくら」を読み終わった後
その足で「日暮らし」を買いに行った程。

★★★★★

 


posted by ゆき at 23:00| Comment(3) | TrackBack(5) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜^^
こちらもTBさせていただきますね。
「日暮らし」を即座に買いに行かれた気持ちがとっても分かります。
私は続編だと知らなかったので、遅くなりましたが^^;
出てくる人たちがみんな魅力的ですよね。
最初は佐吉が好きでしたが、途中からは弓之助のファンになりました^^
Posted by 苗坊 at 2006年11月23日 10:11
はじめまして。
TBさせて頂きましたのでご挨拶です。

宮部みゆきさんの作品は好きなので、
これからもちょこちょこと参考にさせて
もらうかも知れません。

「日暮し」も早く読みたいです。
Posted by mikey at 2007年10月28日 04:17
mikeyさん☆
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
宮部さんは私も大好きでコンプしたいと思ってます。
「日暮し」もお勧めです。
また遊びにきて下さいね。
Posted by ゆき at 2007年10月29日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ぼんくら 宮部みゆき
Excerpt: ぼんくら オススメ! 「殺し屋」 深川北町に、鉄瓶長屋と言う変わった名前の長屋がある。 そこで、八百富の太助が何者かに殺される。妹のお露は、犯人の姿を見たという。 下手人は、以前差配の久兵衛..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2006-11-23 10:09

ぼんくら(上・下) 宮部みゆき
Excerpt: 江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に繰り広げられた長編時代ミステリー。 長屋の一軒で殺人事件が発生し、穏やかに暮らしていた人々の間に戦慄が走る。 その後、様々な理由をつけて長屋を出て行くものが後を絶たない..
Weblog: かみさまの贈りもの??読書日記??
Tracked: 2006-11-24 09:13

ぼんくら [宮部みゆき]
Excerpt: ぼんくら宮部 みゆき 講談社 2000-04 舞台は江戸・深川の長屋。通称・鉄瓶長屋というその長屋で煮売り屋を営むお徳と親しくしている同心の井筒平四郎。ある日長屋で店子が殺されるという殺人事件が発..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2006-11-24 11:56

ぼんくら(宮部みゆき) 講談社(2000年)
Excerpt: 私は今,ふかーく反省しています。今までだって,何度もこの本を見かけていたのに手にとる機会はたくさんあったのに,「時代物」というだけで「いいや。これは。」と,無視してきた自分を。こんなっ,面白くて味わい..
Weblog: ゆうきの読書日記&矯正日記
Tracked: 2006-11-25 12:02

「ぼんくら」上下巻 宮部みゆき著
Excerpt: 時代劇?歴史は好きですが、時代劇の映画とかも好きですが…。あまり気のりがしないジャンルでした。色彩とか人物とか、どうしても地味なビジュアルしか想像できなかったからかも知れません。ストーリーも含めて。 ..
Weblog: 恵比寿魂!
Tracked: 2007-10-28 04:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。