2006年06月17日

四日間の奇蹟

**********************************************************************

脳に障害を負った少女とピアニストの道を
閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する奇蹟。
ひとつの不思議なできごとが人々のもうひとつの顔を
浮かび上がらす ....

**********************************************************************

『このミステリーがすごい!』
大賞・大賞金賞受賞作という言葉に惹かれ
本屋にて衝動買いした1冊。
読み終わって。。。。。
「はぁ?どこがミステリーなの?」って感じ。
初めてこの方の作品を読んだけど拒絶反応に近いものが。
ストーリーも違う作家さんを
連想してしまうものに近かったし。
正直買うまでもなかったなぁと思った本。

★★☆☆☆





【関連する記事】
posted by ゆき at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅倉卓弥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。