2006年06月02日

創竜伝

**********************************************************************

20世紀末――凄まじい超能力を秘めた竜堂家の
四兄弟に魔手が迫りつつあった。
竜堂始(はじめ)、続(つづく)、終(おわる)、余(あまる)の
四兄弟の力をわがものにして
全地球支配を企らむどす黒い巨悪の野望。
しかし、竜堂兄弟に屈伏という言葉はない。
巨悪の挑発は、最大の潜在能力を秘めた末弟・余を覚醒させた。

**********************************************************************

読んでいて楽しい本。
4人兄弟の会話も気持ちがいいものがある。
シリーズ化されていて、ラストのパターンは
分かっているけれど思わず読んでしまう。
難しい事を考える必要もないのでスイスイと読めるのも魅力。
読み終わった後、ストレスが発散された事を感じる本かも。
1巻を読んだ後、続きを読みたくなるのは間違いなし。

★★★+☆☆



posted by ゆき at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 田中芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。