2009年04月29日

アコギなのかリッパなのか

****************************************************************

佐倉聖は21歳の大学生。腹違いの弟を養うため
元大物国会議員・大堂剛の事務所で事務員として働いている。
ここに持ち込まれるのは、大堂の弟子にあたる議員からの
様々な陳情や難題。飼い猫の毛の色が変わる謎、後援会幹部
殴打事件の始末、宗教団体に入信した秘書が寄進した
絵画の奪還……といった厄介ごとに関わった聖は、元不良の
負けん気と機転の効く頭脳で、センセイ方顔負けの解決を
成しとげるのだった!

****************************************************************

「しゃばけ」シリーズを読みなれてる
私としては「現代物」という事で
読み慣れるまで少し違和感を感じた。

一応、ミステリー仕立てにはなってるんだけど
謎そのものがそんなに大した事ではないので
「うーん、ちょっとなぁ」と物足りない。

物語の舞台設定「政治家」「政治家事務所」
というのはいいと思うのだけど
もう少し、政治の世界を
絡ませたミステリーだったらもっと
面白かったのではないかと思う。

続編が書きやすい設定だと思うので
書いてもらえたらいいかも。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118272312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。