2009年04月26日

巴里・妖都変 -薬師寺涼子の怪奇事件簿-

****************************************************************

警視庁史上、最強にして最凶の女性官僚・薬師寺涼子警視が
パリの大学の特別講師に招かれた。忠実な下部(?)
泉田準一郎警部補と共にパリに降り立った途端、災厄が涼子と
共にパリを襲う。目の前で老人が謎の怪物に脳を吸わて
死亡したのだ。フランス警察の静止も聞かず当然のように
単独捜査を始める涼子。老人が日本の巨大ハイテク企業
アルゴのヨーロッパ総支配人・藤城奈澄の使用人と知ると
藤城邸へ突入するが……。

****************************************************************

シリーズ3作目も相変わらずで
「涼子、我が道を行く!」
痛快、爽快とはこの事だろう。


今回も泉田君の苦労は続くようで
思わず、「御苦労さま」と
言いたくなってくる・・・w

新しいキャラ
メイド・栗色の髪の「リュシエンヌ」と
黒髪の「マリアンヌ」も登場し
ますますパワーアップ。
このメイドさんが、また凄い設定で
コンピュータと銃器の天才という。。w
ありがちな設定だけど
しっくりくるのも「涼子」という
強いキャラがきちんと生きているからだと思う。

今回も読んで楽しい一冊になっている。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 田中芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118120184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。