2009年02月07日

ブランケット・キャッツ

****************************************************************

馴染んだ毛布とともにレンタルされる猫たち。「いま」を生きる
人の孤独と猫のしなやかさ。リストラされた父親が家族にささやかな
夢として猫を借りてきた「我が家の夢のブランケット・キャット」
など、直木賞作家が贈る7つの心温まる物語。

****************************************************************

二泊三日で毛布と共に借り出される猫たち。
猫を借りに来る人は、何かしら
問題をかかえてたりする。

猫と過ごす3日を通して、その人達の
人生を垣間見る事が出来る作品になっている。
どの話も、哀しかったり切なかったりするけれど
人間の強さを読む事も出来る。

人物描写や猫の仕草、会話(?)も
すごく丁寧に書かれているので読みやすい。

私としては、
「旅に出るブランケット・キャッツ」が
1番良かったかな。
猫の視点から見た人間達になっていて
面白かった。旦那君の実家でも
猫を飼っているんだけど、あの猫も
この物語に出てきた猫のように
色々、考えてるんだろうか?w

読みやすく、すんなり物語りの
世界に入る事が出来る。
重松清さんらしい作品に仕上がっている。

★★★+☆☆

タグ:重松清 読書
posted by ゆき at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113834031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。