2008年12月02日

塔の断章

****************************************************************

作家・辰巳まるみが書いた小説『機械の森』。そのゲーム化を
はかるスタッフ8人が湖畔の別荘に集まった。その夜に悲劇が
起こる。社長令嬢の香織が別荘の尖塔から墜落死したのだ。
しかも彼女は妊娠していた。自殺なのか、それとも?

****************************************************************

「誰もが驚くジグソー・ミステリ」と
作品紹介にあるように、本当に
ジグソーパズルのよう。
というのも、時系列がバラバラで
物語が進むのだ。

これには作者の意図(仕掛け)があるから
仕方ないのだけど・・・
読み終わった後には「疲れた」
としか言いようがない。

作者が読者をなんとか
ミスリードしたいという
気持ちは分かるけれど
普通に読んでいくと
「おかしいな?」って部分は
出てくるから、仕掛けそのものは
理解しやすいと思う。

私が読んだ文庫本には
作者自身の解説が載ってたけど
不要だったのでは?と。

ネタバレになっちゃうから
あんまり詳しくは書けないんだけど
注意深く、読み進めれば
ラストにもあまり衝撃は受けないんじゃないかな。

★★+☆☆☆

ラベル:読書 乾くるみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。