2008年11月28日

天使の耳

****************************************************************

天使の耳をもつ美少女が兄の死亡事故を解明。

深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのは
どちらの車か!?死んだドライバーの妹が同乗していたが
少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も
経験したことがないような驚くべく方法で兄の正当性を証明した。
日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した
連作ミステリー。

****************************************************************

作品紹介にもあるように「交通事故」を
テーマにしたミステリー。
1つの事故からここまで、話を広げていくのは
さすがとしかいいようがない。

そして、日常、自分にも起こりえるような
事件が題材だからこそ、読んでいて
怖かったというか、背筋が冷たくなったというか。。。

短編集なんだけど、短編と思わせない構成と
ラストの仕掛け。どれを読んでも
さすが「東野圭吾」と言わざるを得ない。
読み終わった後は、ちょっとした長編を
読んだ気分になると思う。

車を乗る人に是非、読んで欲しい一冊。

私も今後、今まで以上に運転マナーや
交通ルールに気をつけようと思った。

★★★★+☆

posted by ゆき at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
東野圭吾のファンですが、この本は読んでいません。是非読んでみようと思っています。
今では何故ここに来たのかも分からないのですが
ちょくちょく拝見させてもらって 
本を買うのに参考にさせてもらっています。
井坂幸太郎、海道尊、恩田陸、貫井徳郎、薬丸岳
などなど、ありがとうございます。
東野圭吾 最新作 ガリレオの苦悩はハードカバーの今はお勧めできませんね。面白くない訳ではありませんが1,600円ではなく文庫になった数百円の価値だと僕は思いました。湯川が福山なんですよ
図書館で借りるのならありかもしれません。
Posted by こまい at 2008年11月28日 18:50
こまいさん☆
初めまして。ブログを見て参考にして
頂いてるようで嬉しいです。
これからもよろしくお願いしますね。

「ガリレオの苦悩」は結局
私も買おうかどうしようか悩んだ挙句
買ってません。その代わり
「聖女の救済」を購入しました。
近々、ブログにupする予定です。

>湯川が福山なんですよ

 この気持ち、分かります。
 私の中でも「湯川」=「福山雅治」の
 イメージがしっかりついてしまいましたw
 ドラマ化されるのも良し悪しだなぁと思ってます。
Posted by ゆき at 2008年11月29日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110327225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。