2008年11月24日

人のセックスを笑うな

****************************************************************

19歳の美術学校生のみるめ。ある日、絵のモデルを20才年上の
講師ユリに頼まれ、その自由奔放な魅力に、吸い込まれるように
恋におちた。友人の堂本に問いただされ、みるめは彼女との仲を
うれしそうに告白するが、実はユリは結婚していた・・・

****************************************************************

――「思わず嫉妬したくなる程の才能」と選考委員に絶賛された
  せつなさ100%の恋愛小説。第四一回文藝賞受賞作。映画化。−−

とまぁ、こんな風に本の紹介がしてあったもんだから
どれだけの物かと思いきや・・・

私としては、完璧に期待外れ。
みるめにもユリにも全く感情移入が出来なかったし
「なんでそういう関係になるのか?」がさっぱり
分からなかった。

みるめはまだいいとしても、ユリの行動は
特に???
旦那様が居るんだよねぇ??
その旦那様の態度も???だったし。。

読みやすいと感じる事は出来たけど
心動かされる物もなかったし
読後に残る物もなかったし
「せつなさ100%」とあったけど
この本のどこに「せつなさ」があるのやらというのが
正直な感想・・・

「第四一回文藝賞受賞作。映画化」
という言葉に踊らされた気分・・・

★☆☆☆☆



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「人のセックスを笑うな」
Excerpt: どちらかと言えば、題名どおりの、あるいは題名から連想する、過激なセクスィーコメディを観たかったかな〜ダイエットコーラ好きなナオコーラさんの原作〜 美大学生みるめ(松山ケンイチ)が非常..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-11-24 19:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。