2008年10月13日

ルパンの消息

****************************************************************

平成2年12月、警視庁にもたらされた一本のタレ込み情報。
15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は
殺人事件だった―しかも犯人は、教え子の男子高校生3人だという。
時効まで24時間。事件解明に総力を挙げる捜査陣は、女性教師の
死と絡み合う15年前の「ルパン作戦」に遡っていく。
「ルパン作戦」―3人のツッパリ高校生が決行した破天荒な
期末テスト奪取計画には、時を超えた驚愕の結末が待っていた…。

****************************************************************

あっという間に物語に惹きこまれ、魅了され
もう一気読み。。
横山秀夫作品は、この本も入れてまだ
4冊しか読破してないけど
いまのところこの本が1番好きかも。

処女作というだけあって、少し
強引な部分もあるけれど
それを補ってなお余りあるスピード感
文章の構成力・緩急があると思う。

高校生3人の高校時代と
そして、今現在の状況が交互に書かれており
その対比も読み応えがある。
そこに、警察の内部抗争や思惑なども
絡めてあり、この警察事情の描写は
処女作からなのか。と納得もした。

ところどころに出てくる伏線は
ラストで見事に一本に繋がり解決されていて
読み終わるまで目が離せないとはこのこと。
3億円事件という有名な事件も「ミソ」に
なっていると思う。

でも、でもひとつだけ残念な事があるんだよね。
この「ミソ」になってる3億円事件。
ある意味、これが1番のポイントでこの物語の
弱点かも。。
これがあるから・・・・

 これ以上書くと読み応えが半減するので
 あえて、書かないけれど・・・

まぁ、この弱点を差し引いても
お勧めの一冊になるかな。

読み終わった後はチャーシューメン♪

★★★★+☆



【関連する記事】
posted by ゆき at 13:44| Comment(2) | TrackBack(2) | 横山秀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
この作品、横山さんの「デビュー作」ではなく、「処女作」です(デビュー作は、『陰の季節』です) 新人賞に応募し、佳作にはなったものの、デビューには至らなかった作品を、デビュー後に刊行、というのがこの作品です。

とにかく、他の作品にはない勢いというか、「若さ」を感じました。強引さとかはあるのですが、それを補ってあまりある「若さ」「勢い」は凄く魅力的だと感じました。
この作品でデビューできず、結局、7年もデビューが遅れたんですけど、こういう「若い」横山さんの作品をもっと読んでみたかったと思います。
Posted by たこやき at 2008年10月13日 20:39
たこやきさん☆
そうでしたね。ごめんなさい。
処女作とデビュー作。。勘違いしてました。
この作品が、デビュー作ではないなんて
読者としては不思議な気がします。
デビュー作品の「陰の季節」は
まだ未読なので読んでみたいと思います。
Posted by ゆき at 2008年10月14日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ルパンの消息*横山秀夫
Excerpt: ☆☆☆・・  「昭和」という時代が匂いたつ社会派ミステリーの傑作!  平成2年12月、警視庁にもたらされた一本のたれ込み情報。  15年...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-10-13 14:04

● ルパンの消息 横山秀夫 
Excerpt: ルパンの消息横山 秀夫 光文社 2005-05-20by G-Tools タイトルがもう、ほとんど反則っていうくらい、魅力的。ミステリーファンは、これを見逃せないですよねー。このタイトルだけで、も..
Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき
Tracked: 2008-10-13 23:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。