2008年09月13日

楽園 上・下

****************************************************************

「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから
立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに
荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する
不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された少女の遺体が
発見される前に、それを絵に描いていたという―。

****************************************************************

やっと図書館から借りて読む事が出来た。
で、感想・・・
私の期待が大きかったのか「可」もなく
「不可」もなく???

「模倣犯」と比べてしまうのは
やはり、同じ登場人物が出てるから仕方ない事だと思うんだけど。
今回の中心は、事件じゃなくある一家の過去の出来事。
作品紹介を読んだ時には、ワクワクしながら
読み始めたんだけど、読み進むうちに
「なんだかなぁ」という思いが。。

「知りたい・満足したい」っていう欲望だけで
そこまで他人の家に踏み込んでいいのか?って気もするし
前畑滋子の推理(想像)がバシバシといとも簡単に
当たっていくのも、ちょっと強引というか無理が
あるように感じた。

ただ、相変わらず、人物の心理描写は見事で
今回も丁寧かつ緻密に書かれているので
こういうところでは、宮部みゆきらしさが
出ているとは思う。

ファンタジーなのか、ミステリーなのか
どっちつかずになっているように感じて
結局、どちらの色彩も薄れているようにしか・・・

「模倣犯」のようなスリルはなく
かといって「クロスファイア」のようなドキドキ感もなく
なんともいえない中途半端な作品になっているように思う。

★★+☆☆☆

 


posted by ゆき at 07:37| Comment(2) | TrackBack(2) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。TBさせていただきました。
模倣犯の続編なので、きっと暗くて後味が悪いだろうなと思っていたんです^^;
そういうところもありましたけど、でも、最後はちょっと報われた気がしました。
これで、滋子さんが9年前の事件から解放されていたらいいなと思います^^

ところで、未だに「模倣犯」の映画を見ようか悩んでいます^^;
Posted by 苗坊 at 2008年09月13日 23:34
苗坊さん☆
>最後はちょっと報われた気がしました。
 
 そうですね。ラストは「模倣犯」とは
 違い、温かい雰囲気で終っていたので
 良かったと思います。
 映画の「模倣犯」。。
 私も気になりつつ、実は観ていません。
 主演が、ちょっと引っかかるんですよね。
 ファンの方には申し訳ないんですけど。。苦笑
Posted by ゆき at 2008年09月15日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「楽園」宮部みゆき
Excerpt: 楽園 上 楽園 下 宮部 みゆき 山荘事件以降、書くことが出来なくなっていた前畑滋子。あれからフリーペーパーの会社に籍を置き、少しずつ書く仕事をしている。そんな所に友人のライターから一..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-09-13 21:38

楽園 宮部みゆき
Excerpt: 楽園 上 楽園 下 <上>「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だっ..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2008-09-13 23:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。