2008年09月03日

パパとムスメの7日間

****************************************************************

いまどきの高校生・小梅と、冴えないサラリーマンのパパ。
ある日突然、二人の人格が入れ替わってしまったら? 
「いつまで、こんなことが続くのだろう。(中略)あたしたちは
二人揃って鏡に向かってお祈りした。明日の朝、目が覚めたら
お互いが元に戻っていますように」。・・・・

****************************************************************

人格の入れ替わりの物語で思い出すのは
ずぅーと以前にあった、同級生の男女が
階段で転んで人格が入れ替わる話。
タイトルは確か「転校生」だったと思うんだけど・・・

この話はパパとムスメ。
社会人と高校生。
全く違った環境に置かれてしまった2人が
悪戦苦闘しながらも、一生懸命
パパが小梅らしく、小梅はパパらしく
振舞おうとしてるところがコミカルに書かれてて
面白い。今まで分からなかった
お互いの苦労を肌で感じてみたり
お互いに対しての感情が微妙に変化してみたり・・・

パパとムスメの間で起こる
攻防(?)もいい味を出している。

特にパパのムスメに対する愛情が
そこかしこに表現されてるのは良かったかな。
ムスメの言う事には、逆らえないキャラが
可愛くもあり、愛しくもあり。

ラスト、とても心が温かくなる場面で終ってるのも素敵。

★★★★☆



この記事へのコメント
こんばんは。
そうそう「転校生」を思い出しますよね。
中学高校の時って一番父親と距離をおきたい時期なのに、そんな時に協力体制にならなければいけなかったムスメ。
二人の会話が楽しかったですね。
Posted by なな at 2008年09月03日 21:33
パパとムスメの楽しいファンタジック・コメディでしたね。
ムスメに逆らえないパパのキャラが笑えて愛情を感じられました。
パパ、ムスメ、どちらの感情もしっかりと描かれていたことに好感が持てました。
Posted by 藍色 at 2008年09月04日 02:08
ななさん☆
>二人の会話が楽しかったですね。

 面白かったですよね。
 2人の会話のテンポがよく
 飽きることなく最後まで読めました。

藍色さん☆
>パパのキャラが笑えて愛情を感じられました

 パパのムスメに対する愛情が
 ひしひしと伝わってきました。
 今のパパはムスメに対してこんな感じの
 方が多いのかも。。w
 
Posted by ゆき at 2008年09月04日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「パパとムスメの7日間」五十嵐貴久
Excerpt: パパとムスメの7日間 五十嵐 貴久 イマドキの女子高生・小梅と冴えないサラリーマンのパパ。二人は2年くらい会話をしていない。そんな二人が事故に遭い、二人の心が入れ替わってしまった。 ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-09-03 21:36

パパとムスメの7日間 五十嵐貴久
Excerpt: 装画は野田あい。装丁は柳沼博雅(バーソウ)。 2002年、「リカ」で第2回ホラーサスペンス大賞を受賞デビュー。 読んだ作品「198...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-09-04 02:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。