2008年08月27日

氷の華

****************************************************************

女の意地と虚栄が作り上げた完全犯罪が…
「誰にも屈しません。もちろん警察という権力にも!」
それが、犯人がこの世に突きつけた挑戦状

鉄壁のアリバイ ゆるぎないトリック 息詰まる心理合戦
人生のプライドを賭けた犯人と、戸田警部補の闘い

練馬区桜台6丁目×番×号、グリーンハイツ205号室で発生した
関口真弓毒殺事件。犯人を追う戸田警部補の眼差しは、いつしか
彼女の上司である営業部長に注がれるが…。

****************************************************************

新聞の書評欄を読んで思わず衝動買い。
それもハードカバーを。。w

設定としては、2時間ドラマにありがち。
展開も前半は、とても無難なんだけど
途中から雲行きが怪しくなり
「え?!なんですと?」という感じに。
こちらとしては、考えてたストーリーではなく
予想外な展開になっていくので
先が気になって次から次へとページを捲る事になる。
そして、「なるほどね、こういう展開?」と
落ち着くかと思いきや、また予想外の展開が
待ち受けていて、読者を飽きさせない。

ミステリーという事だけど
ミステリーというよりも人間の複雑な
心理を表現してるといった部分の方が
強く感じた。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


しかし、ラストがなんだかなぁと。
だって、いくらなんでも証拠がありあまる
場所をそんなに長い事放っておくもんかな?
あれだけ、賢い人がねぇ。と思わざるを得ない。
(主人公は結構、頭が切れる設定になってると思うんだけど)

私だったら、さっさと証拠隠滅に走るんだけど
この考えは浅はかなのか??

交差点で出会った時点で「完結」にしとけば
とても良かったと思うのに
その後の展開がとても残念でならない。

★★★+☆☆



この記事へのコメント
おはようございます!
この本の冒頭を読んだとき、たしかに火曜サスペンスのテーマが聞こえてきた気がしました。って、もう火サスは終わってますよね。

それだけはよく覚えてるんですが、結末は忘れてしまいました…。
来週、ドラマが放送されますよね、見てみようと思ってます。
Posted by at 2008年08月28日 09:03
こんにちわ☆
コメントありがとうございます。
確かに、火サスにありがちな設定ですよね。

>来週、ドラマが放送されますよね

 そうなんですか?
 私も見てしまいそうです。w
Posted by ゆき at 2008年09月03日 15:54
こちらではお久しぶりですね。
氷の華、ドラマで観ました。
ご覧になりましたか?
原作読んでると見方も違ってくるでしょうね。
Posted by mahina at 2008年09月12日 19:49
mahinaさん☆
お久しぶりです。
ドラマの「氷の華」
実は見てないんです。苦笑
米倉涼子主演だったんですよね。
イメージとしてはピッタリだと思います。
ドラマは面白かったのかな??
Posted by ゆき at 2008年09月13日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。