2009年04月28日

つくもがみ貸します

****************************************************************

お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟二人で切り盛りする
小さなお店「出雲屋」。鍋、釜、布団にふんどしまで
何でも貸し出す出雲屋ですが、よそにはないような
ちょっと妙な品も混じっているようで…。

****************************************************************

「しゃばけ」のような物を期待すると
ちょっと肩透かしをくらうかも。
今回の作品には、つくもがみが
出てくるんだけど
お紅と清次とのやりとりは全くない。
そういう意味では寂しさも感じる。

しかし、人間と会話しなくても
つくもがみの会話は丸聞こえ。
しっかりしてるんだか、抜けてるんだか。。。
つくもがみ達もそれぞれ、キャラが
しっかりしていて生意気だけれど可愛い。

こんなつくもがみ達を上手く使って(?)
2人の周りで起こる謎を、解いていくという
5編からなる短編集。

5編とも、ある謎で全部繋がっていて
最後には無事、解決するし落ち着く訳だけど
意外や意外、すんなり、あっさりと
まぁ、定番に落ち着いてしまう。
私としては、もう少し、ハラハラ・ドキドキ
したかったかなぁ。。

無難と言えば、無難な一冊という感じ。

★★★+☆☆



posted by ゆき at 11:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。