2009年04月25日

ステップ

****************************************************************

結婚三年目、妻が逝った。のこされた僕らの、新しい生活―
泣いて笑って、少しずつ前へ。一緒に成長する「パパと娘」を
季節のうつろいとともに描きます。美紀は、どんどん大きくなる。

****************************************************************

私にとってジャストタイムの本だったらしく
本に書かれている文章や言葉が素直に
心の中に入ってきた。
たぶん、これが、独身の時や
結婚しても子供が居ない時に読んでいたなら
また、別の感想になっていたと思う。

男手ひとつで娘を育てる過程が
優しく、丁寧に書かれている。
切なく哀しい部分もあるけれど
全体的に温かさで包まれたものに
なっていて、美紀ちゃんが
その歳、その歳で
母親を求める場面では、切なくて
思わず涙してしまった。

父親と娘、こんな関係なら
素敵だと思う。

子育てしてる今、この時、この瞬間を
大事にしたいなぁと思わせてくれた本。

重松清らしい作品になっている。
お勧めの一冊。

★★★★★



ラベル:読書 重松清
posted by ゆき at 14:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。