2009年04月08日

おそろし 三島屋変調百物語事始

****************************************************************

17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと
他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で
三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら
黙々と働くことでやり過ごしている。おちかを案じた叔父は
人々から「変わり百物語」を聞くよう言い付ける。おそるおそる
客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか
次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…

****************************************************************

1話1話完結かと思いきやそうではなくて
ラスト、全ての物語がリンクしていく。
私としては、1話完結の方が良かったのではないかと。
ラストのリンクはちと強引なのでは?

おちかは、人々からもたらされる話を聞きながら
自分の心の内をかえりみて、考え悩み少しずつ
解決していく訳だけど・・・
読んでいておちかの心の動きが分かる時もあれば
ちょっとそれは・・というような時もあって
しっくりとこない場合があった。

ラストは特にそんな感じで
読者はどこへやら・・おちか1人で暴走??


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む


posted by ゆき at 07:06| Comment(0) | TrackBack(2) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。