2008年03月24日

ぷち福井観光(勝山&大野)

お天気が良かったので外出。
久しぶりに勝山、大野方面へ行く事に。
まず向かったのは一乗滝。

一乗滝2.jpg itizyou.jpg
一乗滝                佐々木小次郎の銅像

駐車場から徒歩5分程でこの滝を見る事が出来る。
とってもお手軽。w
佐々木小次郎がこの場所で「燕返し」の剣技を
生み出したとかいう伝説があるらしい。
この滝の近くには佐々木小次郎の銅像もあったりする。
滝を見ながらしばらくぼぉ〜っと。
マイナスイオンを吸収ぴかぴか(新しい)

次は近くにある森林温泉「みらくる亭」へ。
日帰りで温泉に入る事が出来るんだけど
ここに行ったのは初めて。
行った人から聞く評判は良かったので
行ってみたかった温泉のひとつ。
入浴料は大人1人400円。

みらくる亭1.jpg みらくる亭2.jpg
この階段を登りきるとお風呂が。。   廊下からの景色

受付を済ませ、長い階段を登っていくとお風呂が。
大きい窓が3枚あり、まるで森林浴をしてる気分。
お湯の温度もちょうどよかったし
行った時間が良かったのか、ほとんど貸切状態だった。
そしてとても静かだったのが印象的。
1時間で出るつもりが気づくと1時間半以上が経過。
待ってた旦那君、ちょっと呆れ気味。w
新緑や紅葉の時季にまた行きたいなぁいい気分(温泉)

続きを読む
posted by ゆき at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに旅行&お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こはく庵

kohakuan1.jpg kohakuan2.jpg
天おろし蕎麦            ざる蕎麦

旦那君はちょー昔行った事があったらしいが私は初めて。
そばを通るたびに気になってたんだよね。
今回、やっと行く事が出来た。

頂いたのは上記2品。
お蕎麦は平打ちで香りとコシがある。
出汁はちょっと甘めかな。
とても美味しいのだけど、ざるそばの場合
出汁が甘めだけにたくさんはちょっと飽きるかも。

天おろし蕎麦のおろしは辛くなくちょうど良い。
おろしの上にエビ天がのり、さらに天かすが盛られている。
これを出汁と蕎麦に絡めながら食べると最高♪
ざるそばより、天おろし蕎麦の方がお勧め☆

【こはく庵】

福井市門前2丁目830
TEL 0776−35−5508

営業時間
AM11:00〜PM6:30

定休日 日曜日
ラベル:外食 蕎麦
posted by ゆき at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ダイ・ハード4.0

****************************************************************

独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置された
サイバー犯罪部に異変が起こった。交通、通信、原子力
水道などのあらゆる全米のインフラを監視するシステムに
何者かがハッキングを仕掛けてきたのだ。
ジョン・マクレーン警部補はFBIから、ニュージャージー州内に住む
マットというハッカーの身柄を確保し、FBI本部に連れて行けという
無線連絡が入る。これが不運の始まりだった――。

****************************************************************

この映画、映画館で観たかったけれど
結局いけず、DVDで観る事に。。

ダイハードシリーズは大好きな作品で
今回も観る前から期待大っ!!

そして、期待通りの映画になってた。
まぁ、どこまでマクレーンはタフなんだっていう
突っ込みはおいといて。。w

最初から最後までハラハラ・ドキドキして観れたし
アクションシーンが良かった。
もう、最初から飛ばしっぱなし。
まさか戦闘機まで出てくるとは・・・
スケールが大きくなってるよ。w

何も考えず、楽な気分で楽しむ映画。
娯楽映画とはこういうものよね。

次のシリーズが出たらまた観るんだろうな。

★★★+☆☆

posted by ゆき at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

秋の牢獄

****************************************************************

十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を
何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。
朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は
何のために十一月七日を繰り返しているのか。この繰り返しの日々に
終わりは訪れるのだろうか――。

****************************************************************

「まるで童話のようなモチーフと、透明感あふれる精緻な文体。
 心地良さに導かれて読み進んでいくと、思いもかけない物語の
 激流に巻き込まれ、気付いた時には一人取り残されている――。」

作品紹介に書かれてるような結果に。。
今作品もとても綺麗な文章と切なく寂しい雰囲気を
バンバン醸し出す作品になっている。

全部で3作品が入っているのだけど
どれもこれもが何かに捉われる話。
「時間」「家」「幻」といった具合に・・・。

同じ日を何度も何度も繰り返す。
前に進む事も後ろに戻ることも出来ず
時間にとらわれる。。。
なさそうでありそうだから読んでいて恐ろしい。。
自分が同じ立場になったなら・・
どうするんだろう??
空しいかな。それともここぞとばかりに
読書に励むか?w

でも人間って「明日」があるから
生きていけるんだと思うんだよね。
「今日」とは違う「明日」
「明日」とは違う「明後日」
「明後日」とは違う・・・・

今作品も前作同様面白く一気読みしてしまった。
ハズレがないだけに次回作が楽しみ。

★★★★+☆

posted by ゆき at 19:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 恒川光太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。