2007年12月25日

ぶたぶた

****************************************************************

大きな耳の生えたピンクのバレーボールが、とととと…と
階段を駆け下りてゆく。右耳が少しそっくり返り
つぶらな目は黒の点目。何だあれは、ぶたのぬいぐるみっ!?
そう、彼は生きているのです。彼の名前は、山崎ぶたぶた。
歩き、喋り、食事をし、見かけによらず仕事は優秀。そして
なによりもの特徴は、とってもかわいいこと。タクシーの運転手
フランス料理のコック、サラリーマンなどなど、さまざまな
シチュエーションでぶたぶたと出会ってしまった人間たちの姿と
心の動きを描いた連作集。

****************************************************************

ぶたのぬいぐるみが主人公のお話。。
ぶたのぬいぐるみだよ?
ぶたのぬいぐるみ。w
これだけでも意外なのに
どうやら中身は中年おじさんの年齢らしい。
うーん。設定が面白い。
そして、このぶたが可愛いのだっ!!

もちろん可愛いだけでなく
時には厳しく、時には優しく
そして彼を取り巻く登場人物達の
心の声(突っ込み)が面白いっ!
笑いなしでは読めないね。

こんな人(ぶたのぬいぐるみ)が身近に居たら
出会った人達はきっと幸せだろうなぁと。
私も是非、彼に会ってみたい。

もうめちゃめちゃ癒される。

シリーズを読破しなければっ!

★★★★★



2007年12月24日

らーめん ほくしん

hokusin
九州とんこつらーめん

いつの間にか、新しいラーメン屋さんが出来ていた。
見つけてからすでに2週間。
やっと行く事が出来た。

このお店ってチェーン店なのねぇ。
結構有名らしいけれど、知らなかった。

注文してから埼玉が本拠地と知った。
うーん。九州じゃなくて頼むなら
東京の方だったか。。。苦笑

さてお味の方は。。
美味しかった。
でも、くせになるというような
味ではなく普通に美味しい。
これが1番難しいのだろうけど。
スープの濃さも麺の硬さも
私にとってはちょうど良かった。

メニューも豊富だったし
色々な種類を食べる楽しみが
あるのでまた行くと思う。
違うラーメンを食べれば
また、感想も変わるかも。。

【らーめん ほくしん】

福井市新保町5−26−1
TEL 0776−53−6039

営業時間
AM11:00〜AM3:00
posted by ゆき at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン&中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲上都市の大冒険

****************************************************************

白のスーツを身にまとう眉目秀麗な荒城咲之助と学ラン姿に
近未来的な義手を持つ真野原玄志郎。2人の名探偵と弁護士
殿島直紀が挑む雲上都市の謎。楽園の地下に潜む座吾朗とは
何者なのか? 連続殺人に隠された真実とは…?

****************************************************************
「第17回鮎川哲也賞受賞作」ということで読んでみた。
とにかく「長いっ!」。
何度、途中休憩を入れた事か。。
理由としては私ごのみの時代風景じゃなかったからかな。

さてこの小説、作品紹介にもあるように
いきなり探偵が2人登場。
この設定にはちょっと驚いた。
けれど真野原玄志郎のキャラは良かった。
登場の仕方からして面白い。
2人の掛け合いは読んでいて楽しいのだけど
まだまだ「探偵2人」という設定を
活かしきれてないなぁと感じる。
まぁ、彼は受賞が決まる前から
シリーズ化を宣言してる事だし
きっと探偵2人にした意味が
後々出てくるのだろう。。。

ラストの謎解きは
「うーん。これってあり?」って人と
「ありえない!」って人とに分かれるんじゃないかな。
私としては、現実的に「ありえない!」と思うんだけど。。
まぁ、「小説」だし「デビュー作」だしと
甘くみれば、、この意外性に審査員も惹かれたのか?と
納得できなくもなく。。苦笑

このシリーズの次回作に期待。

★★+☆☆☆



2007年12月17日

切れない糸

****************************************************************

俺、新井和也。家は商店街によくある町のクリーニング屋さ。
新井と洗いをかけた「アライクリーニング店」が屋号。
大学卒業をひかえたある日、親父が急死した。就職も
決まっていない俺は、しかたなく家業を継ぐことに。目下のところ
クリーニング品の集荷が、俺の主な仕事。毎日、お得意さんの家を
訪ねては、衣類を預かってくるというわけ。ところが
あるお得意さんから預かった衣類は…。

****************************************************************

集荷した衣類からヒントを得て
日常の謎を解いていくミステリー。
軽いミステリーなのでもちろん「殺人」はなし。
そして、「人情系」もプラスされている。

まず、クリーニング屋という舞台設定が面白い。
後書きに「クリーニング屋は個人情報を知る事が出来る」と
書いてある、なるほどなぁと納得。

このクリーニング屋を舞台にした事で
この本はより一層、魅力を増してるんじゃないかな。
これが普通の探偵事務所だったりしたら??

クリーニング屋を継ぐ事によって
今まで関わってこなかった自分の商店街
地域と関わりを持っていくことになる和也。
そこには、今まで感じる事も考えた事もなかった
謎があり人情がありそれに触れる事によって
和也は少しずつ成長していく。
謎は和也だけでは解けず、ホームズ役として
友人、沢田が登場する。
この沢田もいい味を出してるんだよね。
和也と沢田の友情がどのように繋がっていくのか?
というところも読み応えがある。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
タグ:読書 坂木司
posted by ゆき at 19:05| Comment(2) | TrackBack(4) | 坂木司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お好み焼 お多福

otafuku1 otafuku2
ネギ塩焼きそば       ひょっとこ焼

久しぶりにお多福のお好み焼が
食べたくなり行く事に。
満席ではなかったものの、結構席は埋まっていた。
このお店、昔からあるお店で
お店の中も普通のお好み焼屋さんといった感じ。
2階には座敷もあるので宴会などでも
使われてるらしい。

さてこの日は上記2品の他に
和牛ロース、豚玉を頼んだ。

どれもこれも美味しかったのだが
特に写真のネギ塩焼きそばとひょっとこ焼はお勧めグッド(上向き矢印)

ネギ塩焼きそばは自分で焼いて食べる。
豚やタコ、イカなど色々な物が入っていて
ボリューム満点レストラン
最後にかけるネギと塩の風味がたまらず
ぺロッと食べてしまったっ!w

そして、ひょっとこ焼き。
これはお店の人が焼いて
テーブルまで持ってきてくれる。
粉を使ってないお好み焼で
粉の代わりにキャベツを
使ってる模様。(多分。。。)

そのキャベツのシャキシャキ感が
なんともいえずるんるん
キャベツなのでさっぱりしてるんだけど
卵などの具が入ってるのでボリュームは
これもまた満点。

混雑していると少し待たなければいけない。
しかーし、待ってでも食べる価値あり。

【お好み焼 お多福】

福井市長本町801番地
TEL 0776−53−0120

営業時間
平日 AM11:30〜AM2:00
日・祝日 AM11:30〜PM11:30

定休日 不定休
posted by ゆき at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼肉&鉄板焼&お好み焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

ワーキング・ホリデー

****************************************************************

夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに
突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の
教育上ホストはよろしくない、と大和は昼間の仕事である
宅配便のドライバーへ転身するのだったが……。

****************************************************************

すごく温かいストーリー。
元ヤンホストの大和は息子と一緒に暮らすため
転職する訳だけどそこからがさぁ、大変。

この親子の会話が面白くて
読みながら思わず笑ってしまう。
どっちが親でどっちが子なんだか。。

そう思う場面もありつつ
大和が親らしさを発揮する部分もあり
締めるとこは締まってる。
「あぁ、こういう父親っていいな」って
思わせてくれるんだよね。

息子の進もしっかりしてるだけの子かと思いきや
ラストには子供らしい一面も見せてくれるし。
読んでて思わずホロリ。。。

大和や進を取り囲む脇役達も忘れてはならない。
雪夜やナナ、配送先の同僚や上司。
それぞれ良かったけれど
1番はやっぱりジャスミンでしょう。
もう、最高♪w

そしてこの方の本は初めて読んだけれど
場面、場面が想像しやすく分かりやすい。

「宅配便」という職業が主人公の
仕事として登場する訳だけど
その仕事に対しての愛情みたいなものまで
感じる事が出来る程丁寧に描写されてた。

内容的には、ありふれた内容だったけれど
さくさくっと読ませるだけの力強さがある。
本が苦手な人でもこれなら楽に読めるんじゃないかな。

是非、冬休みの特別講習を読んでみたい。
続編希望。お勧めの一冊。

★★★★+☆

タグ:読書 坂木司
posted by ゆき at 09:26| Comment(7) | TrackBack(5) | 坂木司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

廻転寿司 アトムボーイ 幾久店

P1000608.JPG

わが地元では有名なチェーン店。
夜には何度か行った事があったけれど
ランチで行くのは初めて。

「どんなもんかなぁ」と思っていたけれど
結構なボリューム。
普通1人前8貫だけど
ランチでは10貫もついてきた。
それにお味噌汁もグッド(上向き矢印)

お値段は確か980円だったと思う。。
(ちょっとはっきり覚えていないかも。汗)

他の回転寿司も行った事あるけれど
私はここが1番美味しいと思う揺れるハート

【廻転寿司 アトムボーイ 幾久店】

福井市大宮2−22−20
TEL 0776−25−2482

営業時間
AM11:00〜AM1:00
posted by ゆき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ボーン・アルティメイタム

***************************************************************

CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって
暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。
そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。
記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる
「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った
秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。
だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。

****************************************************************

うっうっ。良かった。劇場公開が
終了する前になんとか映画館で観れたぁ。
DVDで観る羽目になるんじゃ。。と危機感を
抱いてた私。なんとかセーフw。

最初からもう、フルパワー全開とでもいいますか
アクション、てんこもりっ!!
色々な国を飛び回り、目も話せぬ展開。
映画館で観る価値はあったかな。
マッド・デイモン、1作目より2作目、
2作目より3作目とハマリにハマッてるし。

ただ、ストーリ的には1作目の方が
謎があった分深かったと思う。
3作目はアクション中心といった感じだったし
ボーンの求めてた記憶が明かされた時には
ちょっと拍子抜けだった。
3作目まで引っ張って
「それかぁ〜」というのが正直な感想。
もう少し、ドロドロとした
政治的な物があっても良かったと思う。

★★★★☆

posted by ゆき at 20:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 気ままに映画&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリー・ポッターと謎のプリンス

***************************************************************

ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に
冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家に
ダンブルドアがやって来るという。いったい何のために?
そして、ダンブルドアの右手に異変が……。17年前の予言は
ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。
過酷な運命に立ち向かう16歳のハリーに、ダンブルドアの
個人教授が始まる・・・。

***************************************************************

来年の7月に日本語の最終巻が発売される。
それを知った私。ムショウに読みたくなり再読。
前回読んだ時も一気読みだったけれど
今回もまたまた一気読み。
上下2冊という分厚さだけど全然気にならず・・・

ハリー・ポッターシリーズの他に
「エラゴン」「魔使いの弟子」などなど
他のファンタジーも色々読んだけれど
やっぱり私の中では
「ハリー・ポッター」が1番。
私の好みにピッタリ合った本なんだろうなぁ。
何度読んでも面白いexclamation×2

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む

La Tenda Rossa

P1000605.JPG P1000606.JPG
小エビとあさりと小松菜のパスタ   能登鶏のグリルバルサミコソース

我が家のお気に入りのお店のひとつ。
店内は25人程も入れば満席になるような
こじんまりとしたお店だけれど
落ち着ける雰囲気になっており
ゆっくりと食事を楽しめる。

我が家はいつもランチを利用。
ランチの種類が多く
4〜5種類の中から選ぶ事が出来る。
今回頂いたのは
「C Pranzo 日替りランチ」¥1,750。
土・日もランチをやってるのが嬉しいグッド(上向き矢印)

上記2品の他にサラダ
自家製パン(お代わり自由)
デザート・ドリンクがつく。
ちょっとしたミニフルコースになるので
お昼から、優雅で贅沢な気分を
手軽に味わう事が出来る。
それが我が家のお気に入りの
理由のひとつでもあったりするw。

さて、お味の方はといいますと
もちろん、美味しいっ!!
パスタは手作りパスタもあり
ランチでそれを選択する事も可能。
ちょっとお値段upだけど。

パスタやメイン料理は2〜3種類の内から
選ぶ事が出来るので
何人かと行って違うのを頼み
色々な種類を食べられるのもいいんだよね。

ランチの時間帯になるとあっという間に
満席状態になるくらいの人気店なので
行く場合は少し早めか遅めに行くのがベスト。

お勧めのお店かわいい

【La Tenda Rossa】

福井市大和田町32−2
TEL 0776−52−2322

営業時間
ランチ AM11:30〜PM2:00
ディナー PM5:30〜PM10:00

定休日 月曜日(祝日の場合、翌日休み)

お店のHPはこちら
  ↓   ↓
http://www.tenda-rossa.com
posted by ゆき at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

図書館革命

****************************************************************

あの図書館の鐘を鳴らせ!

年始、原子力発電所を襲った国際テロ。
それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の
始まりだった――
ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!?
図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!?
手詰まった状況を打破する一手を放ったのは
――何とタスクフォースの山猿ヒロイン!
『図書館戦争』シリーズ第4弾にして完結巻
これをもっていよいよ閉幕!
果たして、幕は無事に下りるのか――!

****************************************************************

きた、きた、きたぁ〜グッド(上向き矢印)
やっときたよ。最終巻わーい(嬉しい顔)

もう、表紙を見た時の興奮と言ったら。。おいっ!w
あれだけの伏線。
郁と堂上&手塚に柴崎
そして小牧や玄田。
いやぁどうやってラストに
持っていくか読むまであれこれの想像も楽しかったけど。。

んー。やっぱり有川さん。素晴らしいっ!!
そして、3冊ではなく4冊完結を勧めてくれた
編集者様、感謝、感謝、感謝でございます〜♪

で、本題。。。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む
posted by ゆき at 18:06| Comment(11) | TrackBack(10) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイニングカフェバー ヒラソル

P1000599.JPG P1000603.JPG
チャーシューとプリプリ海老の生春巻  ズワイガニサラダ仕立のクリームピッツァ

今回も夜遅くの夕食。
久しぶりにヒラソルへ行く事に。
アジアンチックなお店で
落ち着いた雰囲気。
まぁ、たまぁーに少々賑やか過ぎる事もあるけれど。
この日は遅かった(PM10時半頃)し
平日でもあったので
お客は私達の他に2組しかいなく
静かに食事が出来たレストラン

この日は上記2品の他に白子の天ぷら
チーズフォンデュ、オムライスも頂いた。
全部が全部美味しかったんだけど
ズワイガニのピッツァが
少し私にはしょっぱく感じられた。
でも、旦那君は美味しいと言ってたので
普段から薄味が好みな私だけが感じた事なのかも。

で、久しぶりに行ったからか
ボリュームの多さに改めて驚いたっ!
こんなにこのお店の一品って多かったっけ?w
頼んだはいいけど、結局
オムライスとピッツァを少し残す羽目に。
あぁ〜もったいないw。

ここのパスタが好きなんだけど
この日は食べる事が出来ず。。
次回は食べなくっちゃるんるん

【ダイニングカフェバー ヒラソル】

福井市高柳町28−10ー1
TEL 0776−53−1122

営業時間
AM11:30〜PM4:00(ランチはPM2:30まで)
PM5:30〜AM1:00(平日はAM12:00)

定休日 火曜日
posted by ゆき at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋&ナイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

100回泣くこと

****************************************************************

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を
受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。
ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より
大好きだったのだ。4年近く乗っていなかったバイク。彼女と
一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に
「結婚しよう」と告げた。ここが世界の頂点だと思っていた。
こんな生活がずっと続くんだと思っていた―。

****************************************************************

話題の本という事で読んでみたのだけど。。。
うーん。こういうテーマの本が多すぎる。
なので、もちろん泣ける訳もなく
「また、お決まりのパターンか。。」と。
先が読めてしまうし、どうしても
「泣かせたい」という作者の意志を感じてしまって。

ストーリーや文章などは綺麗で読みやすく
主人公の心理にも共感出来るものが多々
あったけれど、こういう本をすでに何冊も
読んでる私には目新しさがなく
「もういいよ〜」ってのが正直な感想。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


続きを読む

ヨロシク。居酒屋 じぱんぐ

P1000596.JPG P1000597.JPG
温卵とローストビーフの和風サラダ仕立    牡蠣のクリーミーホットパイ

今回初めて行ったお店。
この日の食事も遅くなり
行った時間は11時頃。
なので、すぐ座る事が出来たし
そんなに混んでいなかった。

上記2品の他に特上ハラミや
カルパッチョなどを頂いた。

特上ハラミは
小さい焼き台がお肉と共に運ばれてきて
自分で焼いて食べた。
このハラミがまた美味しかった〜♪
「特上」とつくだけの事はあったかも。
その上、サービスメニューでこの日は半額だったしグッド(上向き矢印)

牡蠣のクリーミーホットパイも
旦那君いわく美味しかったらしい。
牡蠣が嫌いな私には食べれず。。w(:_;)w
もちろん、その他のお料理も美味しく頂けた。

価格は少し安めかなぁ。決して高くはないと思う。

夜遅くまで営業してるのも魅力的。

【ヨロシク。居酒屋 じぱんぐ】

福井市灯命寺1−1412−1
         牛角 2階
TEL 0776−22−2809

営業時間
PM5:00〜AM3:00
posted by ゆき at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋&ナイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。